修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2012年7月のアーカイブ

くいしん坊!万才 大阪・滋賀編6

くいだおれの街、大阪。

大阪の庶民の味と言えば、タコ焼きもその一つですが、

なんでも、タコ焼きの原型という「ちょぼ焼き」なるものがあるそうで、

今回は、その「ちょぼ焼き」をいただきます。

 

「ちょぼ焼き」は、その名も「ちょぼ焼き器」という道具で焼くのですが、

タコ焼き器のミニチュア版のようなもので、

小さく浅いくぼみが3×4=12個開いている銅板です。

水に溶いた小麦粉を「ちょぼちょぼ」と流して焼くことからその名がついたと言われ、

具はコンニャクやたくあん、えんどう豆、紅ショウガ、桜エビなど実にさまざま。

味付けはシンプルにしょう油で、またちょぼちょぼと垂らします。

まさに「ちょぼ焼き」ですね!

 

コンニャクと紅ショウガのちょぼ焼き、えんどう豆とミンチのちょぼ焼き、

たくあんのちょぼ焼きをいただきましたが、

思ったより香ばしくて、一つ一つの素材の味をより感じますね。

生地がパリパリしていて、サクサク感が残ってます。

 

もちろんタコ焼きは知ってましたが、ちょぼ焼きは今回初めて知りました!

戦前にはよく食べられていたそうですが、

僕にとって、この「ちょぼ焼き」は、とても新鮮で、

遊び心があるのがいいですね!

 

RIMG3495.JPGRIMG3496.JPG


熊谷遼子さん、熊谷真菜さん、熊谷桃さんにご紹介いただきました。

【ロンドンオリンピック】7月26日

RIMG3780_low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


技術の皆さんのおかげで、いつも現地から日本への中継が滞りなくできているんです。

ありがとうございます!!!

 

RIMG3775_low.jpg













今日はトラファルガー広場から、報道ステーションの中継です!

でも人が多くて大変でした。。。

 

RIMG3774_low.jpg













本番前は、スタッフとの真剣な話し合いが繰り広げられているんです。

RIMG3772_low.jpg












開幕まであと1日、いよいよです!

RIMG3792_low.jpg













ロ~ンドン橋渡ろ~う、渡ろ~う、渡ろ~う♪のロンドン橋です!

 

RIMG3797_low.jpg













船が通るときには、五輪マークが上に上がって、跳ね橋部分が上がります。

【ロンドンオリンピック】7月25日

いよいよロンドンオリンピックの開幕が近づいてきました!

女子サッカーの「なでしこジャパン」の初戦は、オリンピック開幕前に行われますが、

僕も現地もすでにオリンピックモード全開です。
 

RIMG3752.JPG

 

 

 

 

 








7月25日の「報道ステーション」の最初の中継は、澤登さんと「なでしこ戦」についてお届けしました!

 

RIMG3747.JPG













コベントリーのサッカー会場。ここでなでしこの初戦キックオフです!
 

RIMG3764.JPG















イギリスのサッカー会場はフェンスがないので、フィールドと客席が近いんです。

くいしん坊!万才 大阪・滋賀編5

もうすぐ土用の丑の日ですね。

僕もウナギを食べて、今以上に元気になりたくて、滋賀県の沖島を訪ねました。

 

驚いたのは、琵琶湖で獲れるウナギの大きさです。

まぁ立派なこと、立派なこと。

まずは、食べたことないほど特大の「ウナギの蒲焼き」をいただきました。

スゴいの一言!ウナギの身はフワフワッ、皮はパリッ!

口の中での身の溶け方が何とも言えないですね。

 

次にいただいたのは、「ウナギのじゅんじゅん」。

「じゅんじゅん」とは、すき焼きのことだそうで、相当身が締まってます!

蒲焼きとは全然違って、味もあっさりしてますね。

 

とにかく、ウナギそのものがおいしいので、どんな料理にしてもバッチリです。

琵琶湖のウナギという新鮮さとこの大きさ、そしてこのおいしさ!

今年の夏もウナギパワーで元気に乗り切っていきましょう!

 

RIMG3466.JPG











久田加代美さん、富田里美さんにご紹介いただきました。

ほんとに立派なウナギです!

今夜全英オープン放送します!

今夜、ゴルフの全英オープンを現地から中継いたします!
みなさん、ぜひご覧ください!!

****************************************************

19:00~21:54  全英オープン生中継第1部

21:54~23:10  報道ステーション現地生中継

23:10~28:05  全英オープン生中継第2部

****************************************************

 
 The Open Golf1.JPG

くいしん坊!万才 大阪・滋賀編4

大阪府南部にある泉州は、海と山に囲まれた恵み豊かな地域です。

今回は、昔から家庭で受け継がれている泉州の郷土料理をごちそうになります。

 

「大豆のくるみ餅」「フキの佃煮」「竹の子とフキのご飯」など、

様々な料理が並ぶ中、「水ナスとエビジャコの炊いたん」は、

エビの出汁とナスの旨味が相性ピッタリ!

泉州特産の「泉州水ナス」は、見事な大きさで、格別においしいですね。

 

また、「ガッチョの唐揚げ」という聞きなれない名前は、「メゴチ」の地域名だそうで、

ムツゴロウをちょっと平たくした感じの魚です。

ガッチョと言えば唐揚げ!というくらい地元では愛されている一品だそうです。

サクッとしていて軽いけど、身がしっかりしてますね。

見た目からは想像できないほどおいしいです!

 

泉州の郷土料理、自然に恵まれた食材も分かりますが、

ここに住めば、心も豊かになること間違いなしです!

 

RIMG3538.JPGRIMG3542.JPG

 

 


「浪速魚菜の会」の太田恵子さんにご紹介いただきました。

地元の食材を最高の形で活かしている郷土料理は、愛情もいっぱい込められていて、おいしさ抜群です。

くいしん坊!万才 大阪・滋賀編3

江戸時代に、「天下の台所」として名を馳せた大阪。

その中でも、船場は数々の豪商が店を構え、独自の町人文化が生まれたところです。

今回は、船場で100年もの間愛され続けている「大阪寿司」をいただきます!

 

「大阪寿司」とは、生の食材を一切使わないのが特徴で、

焼いたり、炊いたり、煮たり、酢でしめたりと、

いろいろな方法で調理されたネタが使われています。

 

「二寸六分の懐石」と言われる箱寿司は、

箱型の内寸の一辺が二寸六分あることからこの名前がついたそうですが、

その二寸六分の中に、焼き物、蒸し物、煮物、酢の物といった

懐石料理の要素がすべて凝縮された見事なお寿司です!

 

見た目もほんとに美しい!そしてシャリもおいしい!!

シャリとシャリの間に、炊いたシイタケが入っているのですが、

これが大阪寿司の味の要だそうで、いい存在感を出しています。

 

僕は、今まで大阪に何度も来ていますが、

この伝統ある「箱寿司」の本当の良さを知りませんでした。

「箱寿司」をいただいて、より大阪を感じたいと思います!

 

RIMG3498.JPGRIMG3500.JPG








 

「吉野寿司」の橋本卓児さんにご紹介いただきました。
大阪寿司は、食材の一つひとつがとても丁寧に調理されていて、見た目もお腹も大満足!

見事な伝統料理です!!

 

『アサヒジャパンゴールド』いよいよ本日発売です!

『アサヒジャパンゴールド』が本日より発売され、またCM放送も始まります!

僕は、昨日行われたCM発表記者会見に行ってきました。

多くのメディアの方々に取材にお越しいただいて、本当にありがとうございました!

 

この『アサヒジャパンゴールド』は、JOCゴールドパートナーであるアサヒビールがJOC公式ライセンス商品として開発したもので、”ロンドン”でのオリンピック開催にちなんで、英国産ホップ「ケント・ゴールディング」を一部使用!

華やかな香りと芳醇な味わい、琥珀色の液体が特長のオリンピック開催期間限定かつ日本代表応援専用の新ジャンル商品です。

 

まもなく始まるロンドンオリンピックは盛り上がること間違いなし!

みなさん、『アサヒジャパンゴールド』を片手に日本代表を応援しましょう!!

 

詳しい情報はこちらをご覧ください↓

http://www.asahibeer.co.jp/japangold/

 

RIMG3724.jpgRIMG3713.jpg









RIMG3708.jpgRIMG3719.jpg









RIMG3727.jpg

くいしん坊!万才 大阪・滋賀編2

今回は、日本一大きな湖、琵琶湖に浮かぶ沖島に伺いました。

漁業が盛んなこの島では、夏と言えば、アユのシーズンなんだそうです。

 

まずいただいたのは「湖アユの天ぷら」。

今朝獲れたてのアユだそうで、とろけるくらいうまい!

アユ独特の苦味もいいですね。

「湖アユの若煮」は、水、醤油、砂糖で炊き上げた一品ですが、

苦味がソフトに変わってこれまたおいしいですね。

 

琵琶湖でしか獲れないアユをこの場で食べられるなんて、

ほんとに貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございました!

 

RIMG3460.JPG











沖島漁業婦人部の茶谷美百合さんと小川八千代さんにお話を伺いました。

RIMG3459.JPGRIMG3462.JPG











「湖アユの天ぷら」(左)と「湖アユの若煮」(右)