修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2012年10月のアーカイブ

くいしん坊!万才 宮城編1

今回訪れたのは、伊達正宗が基礎を築いたとされる宮城県仙台市。

この街の食の名物をすべて集めたような料理があると聞いて、旧伊達邸の鍾景閣にやってきました。

 

築110年というこの建物は、入っただけで歴史を感じるような場所なのですが、

ここでいただくのは「箪笥料理」。
ミニチュアの仙台箪笥の中に、懐石料理が入っているという珍しいものです。

前菜は「ハゼあられ揚げ」。

あられの香ばしさとハゼの甘味がよく合っています。

「ずんだ餅」は、枝豆の香りがすごい!

そして、「ふかひれ玉地蒸し」や「牛タン焼き」、「笹かまぼこ」など、

一品一品がとても豪華な料理ばかりです。

 

また、非常に高価な仙台箪笥は、伊達家の家臣が刀や羽織を納めるために作られた箪笥だそうで、

趣があり、この中に素晴らしい料理が入っているかと思うと、ワクワクしてきますね。

この箪笥料理は、いただくと、日本を、そして仙台を感じられる料理でした。

 

DSC00113.JPGDSC00115.JPG


浮津秀逸さんにご紹介いただきました。
 

くいしん坊!万才 都内編3

今からおよそ100年前、文明開化に沸いた浅草には、

馬肉を使った「桜なべ」を名物にするお店が20軒以上もあったそうです。

今回は、その中でも、江戸っ子が愛した味を今に伝える老舗の「中江」さんを訪ねました。

 

「馬刺し」は生姜醤油でいただくのですが、お肉がとてもなめらかですね。

「桜なべ」は馬刺しのお肉と一緒だそうですが、食感も変わって、また違った味を楽しめます。

脂身のところも甘味があって、とにかく、めちゃくちゃおいしいの一言です!

 

今回、初めて知ったことがあるんです。

それは、馬肉を使ったこの「桜なべ」が東京の郷土料理だということ!

東京出身の僕としては、誇りです!!

 

SANY0311.JPG












 

4代目の中江白志さんにご紹介いただきました。

お店自体が、風情のある建物なのですが、今年で築約90年で、
一昨年には国の重要文化財に指定されたそうです。
 

くいしん坊!万才 都内編2

今回おじゃましたのは、豆腐を使ったメニューが楽しめるカフェ「豆腐room Dy's」さんです。

 

いただいたのは、ボリュームたっぷりの「豆腐サンドイッチ」。

「アボカドサラダのヘルシー豆腐サンド」は、見た目は、

大きなクリームチーズが入ってるなぁという感じもするのですが、実は豆腐なんですね。

豆腐サラダをいただいている感覚なのですが、

噛めば噛むほどジューシーになっていきますね。

アボカドと豆腐がピッタリ合います!

「大豆とコンビーフのごちそう豆腐サンド」は、

パンも軽くて、豆腐に合わせたようなパンだなと思って伺うと、

パンにもこだわって特注で焼いていただいているそうです。

デザート風の「できたてのお豆腐」は、大豆の香りがとにかくすごいです。

 

豆腐はどんな形にしても、どんな場所でも合うということを、今回ほんとに感じましたね。

ありがとうございました!

 

SANY0304.JPG













 

吉越幸子さんにご紹介いただきました。

豆腐とサンドイッチというアイデアがどうして生まれたのか伺ってみると、吉越さんのご実家がお豆腐屋さんで、「お父さんが作ったおいしい豆腐を、いろんな形で皆さんにたべていただきたい」という想いから生まれたんだそうです。
 

くいしん坊!万才 都内編1

今日訪れたのは、今年5月にオープンした東京スカイツリー。

地上から眺めるのもいいですが、東京スカイツリーの展望台の高さにあるレストランで、

鉄板焼きが楽しめるそうなので、さっそく行ってみましょう!

 

今回おじゃましたのは、「Sky Restaurant 634」。

 

まずいただいたのは、「フォアグラのポワレ さわやかなナスの軽い煮込みを添えて」という、

何ともおしゃれな名前の料理。

フォアグラは、鉄板の熱さで香ばしさが出て、中がトロッとした感じがたまりません。

江戸野菜の一つの千住ネギや、スターオクラ等の野菜と岩手牛を使用した

「厳選和牛の鉄板焼き 季節の焼き野菜添え」は、

野菜の味がそのまま活かされていて、

脂身も赤身も味がしっかりした岩手牛の組み合わせは最高です。

 

東京を一望できる美しい景色と素晴らしい料理の両方を堪能できる贅沢な場所です!

 

SANY0316.JPG

 














古里丞さんに調理していただきました。
 

『日清食品 ドリーム テニス ARIAKE』の記者会見を行いました!

 

昨年に引き続き、東日本大震災復興チャリティイベントとして、

『日清食品 ドリーム テニス ARIAKE』を有明コロシアムにて開催することが決定!

今日その記者会見を行いました。

 

日本テニス界のエース錦織圭と、かつての世界ナンバー1プレーヤー、オーストラリアのレイトン・ヒューイットがシングルスで対決!

僕は、かつて男子テニスの黄金時代を築いた名プレーヤー、ビヨン・ボルグと、ミックスダブルスで対戦予定です。

みなさん、ぜひ会場にお越しください!

力を合わせて日本テニス界を盛り上げましょう!!

 

■開催日 11月18日(日)開場11:00/ 開始12:00/ 終了予定16:00
■会場 有明コロシアム
■出場予定選手 錦織圭、レイトン・ヒューイット、ビヨン・ボルグ、添田豪、松岡修造、ほか男女数選手

 

DSC00010.JPGDSC00006.JPG

報道ステーション 山口観弘選手~常識破りの18歳

今回取材させていただいたのは、先日の岐阜国体の男子200m平泳ぎで、

いきなり世界新記録をたたき出したとんでもない18歳、山口観弘選手です。

山口さんが生まれ育った環境など、すべてにおいて、常識破りでした!

 

鹿児島県東部に位置する志布志市は、人口3万人ほどの小さな町。

この町から現れた世界一速いスイマーは、まだ高校生です!

ロンドンオリンピック金メダルのタイムをあっという間に飛び越えてしまいました。

 

レース後のインタビューで、

「憧れの北島康介さんの後をを継げるような選手になりたい」

と語っていた山口さんですが、その泳ぎは、

北島さんのゆったりとした伸びのある泳ぎに対して、

腕をテンポ良くかくという独特のスタイル。

 

18歳という若さ、常識破りの泳ぎ、でももっと驚いたのは育った環境です。

山口さんのコーチを訪ねてみると、そこは牛舎。

志布志DCの大脇雄三コーチは、なんと牛の獣医がメインの仕事で、

水泳はボランティアというんですから、驚かないわけがないですよね。

しかも、競泳経験はゼロだそうです。

そして、山口さんの練習環境にもビックリです。

志布志に一つしかないスイミングクラブですが、専用プールはなく、

市営プールを週に4日、間借りしている状態。

しかも、3コースしかか借りられないため、世界記録を出した今も、

隣には小学生や幼稚園児が泳いでいて、水深が1.1mと浅いため、飛込み練習もできないそうです。

この環境を乗り越えての世界新記録達成は、本当にすごい!

 

山口さんがこのクラブで水泳を始めたのは、4歳のとき。

専門的な指導を受けていないにも関わらず、小学5年生のときに、初の全国優勝を果たすと、

中学2年生のときには、中学生日本一に輝き、ジュニア日本代表入り!

そして、中学3年生のときには、国際大会で優勝!

素晴らしい記録ですが、大脇コーチが山口さんに言い続けていたのは「できない言い訳を探すな」という言葉。

厳しい環境の中では、言い訳を探そうと思えば、いくらでも出てくる。

でもそれを言っても何も変わらないし、自分の力にはならない、今できることに全力を尽くすだけです。

 

自分の泳ぎを速くするために、山口さんがどこから情報を得たのかというと、

小学生のときは「スイミング・マガジン」という雑誌、その他にも、

北島さんの日本選手権や世界選手権の泳ぎを録画して何度も何度も観たそうです。

小学生のときから自分でフォームを分析し、水泳オタクとよばれるほど研究し、

山口流平泳ぎを作り上げてきたのです。

 

中学の卒業を控える頃には、県外の高校から引く手あまただったそうですが、

それでも山口さんが選んだのは、大脇コーチのいる志布志でした。

高校って、水泳でいうと、めちゃくちゃ大事な時期だと思うのですが、

「自分を一番理解してくれているコーチから離れるつもりもなかったですし、

離れている自分が想像できなかったので県外には出なかった」という山口さん。

しかし一方で、大脇コーチは、成長していく山口さんを見て、このままではいけないと思い、

オリンピック前年の2011年に、ある人物に山口さんを託そうと考えます。

その人物とは、北島さんを育てた平井伯昌コーチ。

大脇コーチは、オリンピックへ行くなら、いつまでも志布志にいたって行けないと考え、

北島さんを育て上げた平井コーチに電話で直談判したところ、快く引き受けていただいたそうです。

 

そこが、山口さんが大脇コーチを心から信頼しているところなんですね。

「普通のコーチだったら、絶対に最後まで俺が見るって言うと思うけど、

自分のプライドとかすべてなくして、僕が一番強くなれる道を勧めてくれるのが大脇コーチ」という山口さん。

そして、去年11月から5ヵ月間東京へ来て、日本代表選手を多く抱える平井コーチのもとで、

一緒に練習を開始。

日本最高峰の施設とコーチ、志布志とは大きくかけ離れた環境で、今までにないほど泳ぎ込んだそうです。

そこで、山口さんが痛感した自分に足りなかったものは、「自分の甘さ」。

何であんなに頑張るんだろうと思ったときに、やはりそれは、

ロンドンオリンピックでメダルを獲るという強い想いがあるから、ということに気付いたそうです。

そんな気持ちに刺激され、絶対にロンドンに行ってやる!という想いが芽生えたんだとか。

オリンピックを強く意識するようになり、今年4月に臨んだロンドンオリンピック代表選考会では、

自己ベストを出しながらも、北島選手と立石選手に敗れて、惜しくも3位。

目標だったオリンピック出場を逃しました。

 

ただ、ここでも、落ち込む山口さんを奮い立たせたのは、またも大脇コーチの言葉でした。

それは、「オリンピックの優勝タイムよりも速いタイムで泳げ」ということ。

「オリンピックの金メダルよりも速いタイムで泳いで、しまった山口を連れて行けばよかったと思われるようなタイムを出せ」と。

しかし、ロンドンオリンピックで出た優勝タイムは、当時世界新だった2分7秒28。

「これは、世界新記録を出さないとダメじゃないか、これはまずい」と思ったそうです。

でも「世界記録を出せないとは思わなかった」というからスゴいですよね。

その裏には、冬場の泳ぎ込みに加え、代表落選以降、志布志に戻り、

大脇コーチと二人三脚で最善を尽くし、トレーニングしてきた自信がありました。

 

そして迎えた岐阜国体で、最高のスタートを決めた山口さんは、見事2分7秒01の世界新記録で優勝!

4月の時点では夢物語だった大脇コーチの言葉を実現した瞬間です。

すでに次の目標は見えている。

それは、「北島さんがオリンピック2大会連続金メダルを獲得しているので、その記録を抜きたい」ということ。

ということは、オリンピック3大会連続の金メダルっていうことですよね。

と思ったら、それだけではありません。

金メダル+すべてで世界新記録だそうです!

 

馬鹿げた夢だと思っているという山口さんですが、僕は何だかやってくれそうな気がしますね。

今回の取材で印象的だったのは、コーチというものはどういうものなのかということ。

コーチは選手のことをどれだけ理解しているか、

そして、選手がほしいときに、ほしい言葉を与えられるか、

正直、大脇コーチは技術的なことを教えることはできなくても、

山口さんにとっては、最高のコーチなんだなと強く感じましたね。

 

リオでも、山口さんの金メダル+世界新記録が見れるように、これからも応援していきます!

 

SANY0273.JPG

 

くいしん坊!万才 東三河編6

今回は、愛知県蒲郡市形原町に昔から伝わる郷土菓子があると聞いてやってきました。

 

そのお菓子は、「油菓子」。

プレーンや、白ゴマ、黒ゴマなどなど、各家庭によっていろんな味があるんです。

沖縄のサーターアンダーギーに似てる感じですね。

実はこのお菓子、とっても手間がかかるそうで、

小麦粉に卵・砂糖・塩を混ぜた生地を伸ばして適当な大きさに切った後、

切り込みを入れてひねって形を作り、乾燥させ、その後油で揚げでやっとできあがり!

1、2日かかるんです。

 

これだけ手間がかかって、各家庭の個性を感じられる「油菓子」は、

愛情のいっぱい詰まった、まさに「おふくろの味」ですね!

 

SANY0203.JPG













お母さんたちの愛情がいっぱい詰まった「油菓子」。お母さん、いつもありがとう!!