修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2013年6月のアーカイブ

くいしん坊!万才 三浦半島編1

今日は、神奈川県横須賀市の佐島に来ています。

神奈川では、県の名産100選にも選ばれるほど有名な「しらす」ですが、

その中でも佐島で揚がるしらすはまた格別で、さらに新鮮!

こちらでは、しらす漁を見せていただき、船の上で、まさに獲れたてのしらすを生きたままいただきました!

天然の塩味が効いていて、口の中でピンピンはねて生きが良くて、獲れたてならではの贅沢な体験ですね。

 

漁から戻っていただいたのは、「生しらす丼」。

冷水で洗っただけの生しらすをご飯が見えなくなるほど乗せて、豪快にいただきます。

何でこんなに甘いんだろう、というくらい甘い!

歯ごたえもあって、本当においしい!!

しらすを茹でた「釜揚げしらす」は、ふわっふわっ。

塩加減が最高ですね。

しらすと玉ねぎだけのシンプルな「しらすのかき揚げ」は、とにかく甘ーい!!!

 

佐島のしらすをいただいていると、しらすを獲っていただいた岩崎さんの笑顔も一緒に感じました!

 

DSC01133.JPGDSC01132.JPG







DSC01125.JPG

DSC01129.JPG










岩崎晃次さんに漁に連れて行っていただいて、しらす料理もご紹介いただきました!

ありがとうございました。
 

くいしん坊!万才 沖縄編11

沖縄は、国内外から年間約600万人もの観光客が訪れる南の楽園。

今回は、その中心地那覇で、沖縄の食材を使ったオリジナル料理を楽しめるユニークなお店「海のちんぼらぁ」さんを訪ねました。

「ちんぼらぁ」とは、沖縄の方言で「小さな巻貝」のことだそうです。

 

まずいただいたのは、天然のりがりを使った「島豆腐のちぎり揚げ」。

豆腐とは思えないほど、外がサクサクで、中がクリーミー!

不思議な食感ですが、これがまためちゃくちゃおいしい!!

 

次は、裏メニューという「イカ墨ソーメンちゃんぷるー」をいただきました。

新鮮な魚介と独自に熟成させたそうめんが美味しさの秘密だとか。

「イカ墨のパスタ」のようにねっとりする感じではなく、

香りがあって、甘くて、スルッといただけます!

ぜひ、表メニューにしていただきたいですね。

 

「海のちらんぼらぁ」さんでは、沖縄の味を堪能できるとともに、

一つひとつの料理にこだわりがあって、より沖縄を感じられるお店でした!

修造チャレンジトップジュニアキャンプ無事終了!

6月11日(火)から今日まで行っていた「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」が、先ほど無事終了!

こちらでは4日間とも天気に恵まれ、屋外コートで練習することができました。

これから、海外遠征が控えているジュニアや、テニス留学をするジュニアの子たちなど様々ですが、

今回のキャンプではメンタルを重点的に強化したので、どんな環境でも、

自分たちの信じるテニスを思いっきりしてくれれば最高です!

photo1_low.jpgphoto2_low.jpg









photo3_low.jpg








 

修造チャレンジトップジュニアが始まりました!

6月11日(火)~14日(金)まで、「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」が始まりました。

今回は、12歳~16歳のジュニア選手が11名参加しての合宿です。

そして、テーマは「コミュニケーション」。

参加した選手全員、そして僕を含めたスタッフ全員で、どんなことでも話し合いながら、

自分の今の気持ちや状況を相手に伝える・・・ということを大前提に合宿が行っています。

 

DSC01173_low.jpgDSC01178_low.jpg







DSC01181_low.jpgDSC01190_low.jpg

くいしん坊!万才 沖縄編10

今日は、沖縄県国頭郡大宜味村で、手軽にできるおいしい沖縄料理をごちそうになります。

 

まずいただいたのは、「にんじんのシリシリ」。

「シリシリ」とは、沖縄の言葉で「すりおろす」という意味だそうで、

皮をむいたにんじんをおろし金で「シリシリ」とすりおろしてフライパンで炒め、

醤油とかつお出汁をさっと絡めて、ニラを入れて卵でとじればできあがり!

僕もにんじんは大好きですが、ここまでにんじん!という料理は初めて。

にんじんのサクサク感がスゴいですね。お出汁もきいてて、甘くておいしい!

とても簡単ですが、栄養たっぷりで、一石二鳥の一品です。

 

次にいただいた「じゅーしー」は、沖縄では定番ともなっている炊き込みごはんのような料理で、

お米に出汁と肉や昆布、しいたけ、ニラなどの具材を混ぜて、炊飯器で炊くだけ!

食べてみたら分かると思いますが、噛んでいくと、どんどん“じゅーしー”になっていきますね。

間違いなく、おにぎりにしたら絶対おいしいはず!

 

沖縄の家庭料理、手軽にできて簡単なのですが、お箸が止まらないほどのおいしさです!

 

DSC00862.JPGDSC00863.JPG











平良政枝さんにご紹介いただき、僕も「シリシリ」に挑戦!

 

くいしん坊!万才 沖縄編9

沖縄県の伊江島では、毎月15日に伊江牛のセリが行われます。

そして、夜には、その労をねぎらって、宴会が開かるということで、今回は、その打ち上げにおじゃましました。

 

いただくのは、もちろん「伊江牛」の焼き肉。

たくさん食べられるように、まずは、赤身からスタートです!

赤身ですが、しっかり脂も乗っていて、牛の香りがしますねー。ワサビ醤油によく合います。

ハラミは、ニラやもやしなどの野菜をはさんでいただいたのですが、これがうまい!!

一番肉の香りがする部位かもしれません。それに、リブロースも絶品です!

そして、今回僕が驚いたのが「牛汁」。

市場には出回らない内臓やモツを使って煮込んで作る郷土料理の牛汁は、

牛の旨味をじっくりと取り出した濃厚スープで、これまた牛の香りがスゴい!

伊江牛を食べに来たら、焼き肉ももちろんですが、この牛汁もぜひ飲んでください!

 

DSC00894.JPGDSC00888.JPG