修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2014年4月のアーカイブ

箭内道彦さんの「月刊 風とロック展」の公開取材に出演!

箭内道彦さんが発行人・編集長をつとめるフリーペーパー「月刊 風とロック」が

創刊100号を迎えられたのを記念して、2014年4月25日(金)~5月6日(火・祝)まで、

表参道ヒルズ 本館B3F スペースオーにて、

「月刊 風とロック展 ~愛と伝説のフリーペーパー、その神髄~」が開催されています!

 

その中で、4月28日(月)に、「〈生〉風とロック」と題した公開取材に出演しました!

実は、「月刊 風とロック」の2007年7月号にも出演させていただき、

以前箭内さんが制作された「資生堂UNO」のCMでもご一緒させていただいたというご縁もあり、

今回出演させていただくことになりました。

 

当日、会場にはたくさんの方々にお越しいただき、

箭内さんがいらっしゃる安心感で、僕も大船に乗ったつもりで思いっきりお話できました。

おかげさまで、会場は最高の雰囲気で大盛り上がり!

みなさん、温かく迎えていただいて、本当にありがとうございました。

 

photo1.JPGphoto3.JPG









photo2_rotate.JPG













 

【バルセロナOP】錦織圭選手が6-2、6-2でサンティアゴ・ヒラルド選手を下して優勝!

 

皆さん、錦織圭選手やりました!

 

クレーコートでのツアー初優勝を果たしました。

しかもヨーロッパ、しかも世界ナンバーワンのナダル選手が出場していた、

しかもスペイン選手が多い最もタフなクレー大会、しかも完璧な試合内容。

グランドスラムトーナメント全仏オープンが控える中、最高の状態です。

 

ゲームの最初は、この大会ノーシードながら勝ち上がってきたヒラルド選手の攻撃が炸裂し、0-2でリードされる。

そこからの圭はまさに王者のテニス、一気に8ゲーム連取。

ミスしない、攻撃がはやい、そしてなんといってもクレーコートならではのプレイスタイルを確立した圭。

これだけ、サーブもよく、リターンも鋭く、足も早い、安定したストローク、ドロップショットなどの想像力ショット、何をとっても文句なし。

このテニスなら世界の誰とクレーコートで当たっても怖くない!

デ杯で、足の付け根の痛みがあり、試合に出場できなかった圭は、コートサイドでの応援となった。

まだ痛みが残る中、完璧な動きに見えた。

クレーだからコートで滑ることができ、体に対しての負担も少なかったのであろう。

 

優勝したあと、史上最年少全仏オープン優勝を果たした圭のコーチ、マイケル・チャンとの握手。

マイケルはこんなのはまだまだ始まりだと非常にクール。

間違いなく、このテニスならすぐにトップ10に入るだろう!

 

全仏、グランドスラム優勝へ向け、一歩一歩前に進んで欲しい。

圭おめでとう!ありがとう!そしてマイケルチャン、ありがとう!

 

優勝トロフィー、あまりにも大きくて圭が掲げた時に怪我をしないか心配になった 修造より
 

photo1.JPGphoto2.JPG








 

photo3.JPGphoto4.JPG








 

くいしん坊!万才 愛媛編7

今日は、愛媛県宇和島市にあります宇和島市生活研究協議会 津島支部のみなさんに、

この地域で昔から食べられていたという料理を60年ぶりに作っていただきました!

 

その料理とは「べろだんご」!

形がベロ(舌)に似ているからといういたってシンプルな理由の名前です。

作り方は、芋の粉(さつまいもの切り干しの粉末)と重曹を水でこねて丸め、

平たくつぶした感じでべろの形に整えてから、沸騰したお湯で5分程度茹で、

浮きあがってくると、茹であがりのサイン。

 

茹であがったばかりのアツアツをいただきましたが、これぞさつまいもの味です。

噛めば噛むほどさつまいも!

そのままいただいてもおいしいのですが、砂糖や黒砂糖、きな粉につけていただくことも。

僕は白い砂糖をつけていただきましたが、 噛むとものすごい甘さが口の中に広がります。

 

実に60年ぶりに作られた「べろだんご」ですが、ぜひ受け継いでいっていただきたいです!

 

DSC02280.JPGDSC02283.JPG








 

NHKテニスパークを開催!@兵庫県丹波市

2014年4月20日(日)、兵庫県丹波市立三ツ塚ふれあいセンター愛育館にて、

NHKスポーツパーク「松岡修造のテニスパーク」を開催しました。

当日は、キッズクリニックと一般クリニックを実施した他、「修造にチャレンジ」や抽選会なども行い、

会場にお越しいただいたたくさんの方々も大いに盛り上がってくださいました。

みなさんと一緒に汗をかいて、楽しい時間を過ごせて最高でした!

ありがとうございました!!

 

photo3.jpgphoto2.jpg








photo1.jpgphoto6.jpg








photo4.jpgphoto7.jpg








photo9.jpgphoto8.jpg








photo11.jpgphoto10.jpg

くいしん坊!万才 愛媛編6

今回は、すごくおいしい魚料理がいただけると聞いて、愛媛県松山市にある「居酒屋網元」さんにおじゃましました。

 

ここは水族館?!と思うほど、立派な水槽の中を魚が悠々と泳ぎ回るユニークなお店です。

こちらは、愛媛県南部の愛南町で水揚げした魚を生きたまま運び、

そのままこちらの水槽に移しているので、新鮮さは抜群です!

中でも、今一番のおススメは「活サバ」ということで、

とても贅沢な「活サバ一匹堪能コース」をいただきます!

 

「活サバの刺身」は、脂がのっていて、コリコリ感がたまりません!

「活サバのしゃぶしゃぶ」の一番おいしいいただき方は、しゃぶしゃぶ時間3.5 秒!

少し茹でることで、魚の旨味がより出てきますね。

 

こちらでいただく「活サバ」はひと手間かかっていて、

九州と四国の間の豊後水道を回遊している天然のサバを獲り、

水揚げすることなく、いけすで餌付けするんだそうです。

これを「畜養(ちくよう)」と呼ぶそうですが、

こうすることで脂乗りが最高の状態に引き上げられるそうです!

 

ご紹介いただいた向田さんが漁師さんということで、

ご自身が一番おいしいと思う状態で料理を提供したくて、

こういうお店を始め、お店や店内の水槽までご自身で作られたというからビックリです!

 

活サバももちろんおいしいんですが、向田さんの人に喜んでいただこうという、

想いやアイデア溢れる空間で料理をいただくと、より美味しく感じますね。

ありがとうございます!

 

DSC02365.JPGDSC02368.JPG








 

向田浩一さん、向田浩孝さんにご紹介いただきました。

 

くいしん坊!万才 愛媛編5

愛媛県宇和島市津島町にある大畑旅館。

ここは、小説家であり演出家としても知られる獅子文六さんが、

代表作「てんやわんや」を執筆したときに泊まっていた場所なんです。

 

こちらでご馳走になるのは、「てんやわんや」にも登場する「ぼっかけ飯」。

鶏肉やささがきごぼう、千切りニンジン、ぶつ切りのネギ等を炒め煮にした後、

しょうゆ味の汁物にしたて、それをアツアツのご飯にぶっかけて(ぼっかけて)いただく料理だそうです。

素材それぞれのいい香りがします。

お汁の味がしっかりしていて、とにかく野菜がおいしい!

栄養いっぱいでさっと食べられるのがいいですね。

小説の中に登場する越智善助くんは、ぼっかけ飯を16杯食べたそうですが、

僕もそのくらいいけそうな気がします!

 

次にいただいたのは、「ふくらし饅頭」。

こちらも「てんやわんや」に出てくる一品で、一言、おいしい饅頭です。

おいしい饅頭ですが…越智くんは、ふくらし饅頭を50個も食べたそうで、それはスゴいですね。。。

 

「てんやわんや」に出てくる料理「ぼっかけ飯」と「ふくらし饅頭」が目の前に揃うと、

僕の心もてんやわんやです。笑

 

DSC02286.JPG









大畑勝照さんにご紹介いただきました。

 

DSC02291.JPGDSC02290.JPG

くいしん坊!万才 愛媛編4

愛媛県宇和島市は、宇和島城を中心に発展した闘牛で有名な城下町。

こと食文化に関しても、めずらしい郷土料理が数多く残っている地域です。

今日は宇和島市津島の郷土料理をごちそうになります。

宇和島と言えば、鯛そうめんとか鯛めしが有名ですが、

こちらでは、「まる寿司」と「ふくめん」をいただきます。

 

まず「キビナゴのまる寿司」をいただきましたが、驚きました!

中身がごはんじゃありません!!

味は甘酸っぱいのですが、中身はなんと「おから」だそうです。

「イワシのまる寿司」は、イワシの香りがしておいしいですね。

ここ津島は海岸沿いの集落で、魚はいっぱい獲れるのですが、お米を作る場所がないため、

お米の代わりにおからに味をつけてお寿司にしているんだとか。これぞ先人の知恵ですよね。

 

もう一つの料理は「ふくめん」。

ネギと鯛のそぼろと玉子の白身と黄身を裏ごししたもので表面が色鮮やかに覆い隠されているのですが、

中を掘り起こしてみると、これまた驚いたことに、出てきたのは「糸こんにゃく」!

糸こんにゃくだから具材とよく絡んで、よりおいしくなりますね。

 

「まる寿司」と「ふくめん」、中に何が隠されているのか・・・

ドキドキしましたが、みなさんの元気と美味しさが隠れてました!

ありがとうございました。

 

DSC02276.JPGDSC02279.JPG








 

三好亀代乃さん、早川不二さん、中田一恵さんにご紹介いただきました。

【明日放送】TBS「炎の体育会TV」3時間スペシャル

 

昨年の錦織圭選手 vs 炎の体育会TVテニス部員の対決から1年。

今年も、僕が特別コーチとして部員たちを猛特訓!

2回目となる対決の結果は!? みなさんお楽しみに!

 

4月6日(土)19:00~21:54  TBS「炎の体育会TV」3時間スペシャル

http://www.tbs.co.jp/taiikukaitv/