修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2014年8月のアーカイブ

ALSアイスバケツチャレンジ

今回、僕の義理の兄であり、辻調理師専門学校校長、辻芳樹さんから、

アイスバケットチャレンジのバトンを渡されました。

 

今回の大きなムーブメントが一過性のものではなく、

様々な難病や社会的困難に立ち向かっている多くの人々に思いを馳せるきっかけとなり、

将来の希望に繋がっていくような地道な活動の力になっていくことを心から願います。

 

2014年8月29日

 

松岡修造

 

Ice Bucket Challenge_low.jpg

【パンパシフィック水泳2014】北島さんありがとうございました!

今回の「パンパシフィック水泳2014」は、4日間通して日本のメダルラッシュで、感動と興奮の連続でした。

 

しかも、現役の北島康介選手の解説ですから、贅沢すぎますよね。

 

北島選手のゴールド解説、とても勉強になりました!

 

ありがとうございました!!

 

Kosuke Kitajima_low.jpg

 

 

 

 

【パンパシフィック水泳2014】

今回の『パンパシフィック水泳2014』は、まさにメダルラッシュ!!!

男女ともに、日本人選手の強さが証明された大会だったと思います。

僕も、連日現地で興奮・感動の嵐でした!

 

第2日目、女子100m平泳ぎでは、渡部香生子選手が4分06秒78で銀メダルを獲得!

男子400m個人メドレーリレーでは、萩野公介選手が4分08秒31のタイムで見事優勝!!

男子100m平泳ぎでは、小関也朱篤選手が、59秒62の自己ベスト記録で金メダルを獲得しました!!!

まだまだ続きます!

この日最終種目の800mフリーリレーでは、萩野公介選手、坂田怜央選手、小堀勇氣選手、松田丈志選手の4選手が、アメリカとの手に汗握る大接戦の末、わずかの差で優勝は逃しましたが、見事銀メダルに輝きました。

 

第3日目も、男子100mバタフライで池端宏文選手が見事銅メダルを獲得!

男子400m自由形では、萩野公介選手が、3分44秒56のタイムで銀メダル!!

男子200m背泳ぎでは、入江陵介選手が銀メダルを獲得し、

女子400mフリーリレーでは、オーストラリア、アメリカに続き、見事銅メダルです!

男女ともに、フリーリレーでメダルが獲れるところまで、日本の水泳は確実に強く進化しているんだと実感しました。

 

3day.JPG










 

そして、いよいよ最終日!やっと、やっと晴れました!!

男子200m個人メドレーでは、萩野公介選手が金メダル、瀬戸大也選手が銅メダルと表彰台に日本人選手が2人!

 

Sunny day_4day.JPG

Kosuke Hagino&Daiya Seto_200m_individual medley_4day.JPG

 

 

 

 

 

 



 

 

女子200m平泳ぎでは、渡部香生子選手が金メダル、金藤理恵選手が銀メダルと見事ワンツーフィニッシュ!!

男子200m平泳ぎでは、小関也朱篤選手が金メダル、小日向一輝選手が銅メダルと、やはり日本の平泳ぎは強い!!

 

kanako watanae&Rie Kanetou_200mhira_4day.JPG

Yasuhiro Koseki&Kazuki Kohinata_200mhira_4day.JPG









 

 

そして、今大会を締めくくる種目、男子400mメドレーリレーでは、

入江陵介選手、小関也朱篤選手、池端宏文選手、中村克選手の素晴らしい泳ぎで、

見事銀メダルに輝きました!

今大会で、日本は金メダル7個、銀メダル8個、銅メダル4個の計19個のメダルを獲得!

来年ロシアで開催される世界水泳、そして2年後のリオオリンピックでの日本人選手の活躍が今から楽しみです!!


400m_medley relay_4day.JPGmedals_4day.JPG

 

【パンパシフィック水泳2014】第1日目②

いよいよ始まりました「パンパシフィック水泳2014」!

初日から、日本人選手が大活躍です!!

 

photo2_low.jpg

photo3_low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒さを吹き飛ばすほどの選手たちの熱い戦いに感動の連続!僕も思わず身を乗り出して応援です!!

 

seto_low.jpg

irie_low.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

競泳男子200メートルバタフライでは、瀬戸大也選手が、1分54秒92で見事優勝!

入江陵介選手も、男子100メートル背泳ぎで53秒02のタイムで金メダルに輝きました!!

 

hagino_low.jpg

ladies_low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


男子200メートル自由形には萩野公介が登場。僕の応援にも力が入ります!

そして、1分46秒08の記録で見事銀メダル!

女子選手も負けてはいません!

女子200メートルバタフライで、星奈津美選手が、2分6秒68で銀メダル獲得です!!

 

photo_low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日の競技終了後、会場から報道ステーションの生中継です!

 

2日目も、選手たちの手に汗握る泳ぎに注目です!

みなさんぜひご覧ください!!

 

 

【パンパシフィック水泳2014】第1日目

いよいよ今日から、パンパシフィック水泳選手権が始まります!

今晩の放送をみなさんぜひご覧ください!!

 

ただ、こちらオーストラリアの季節は・・・冬。

 

寒いです・・・                         そんな中、選手たちは、水着で頑張ってます! 

DSC_0006_low.jpgDSC_0005_low.jpg

【8月21日~24日】『パンパシフィック水泳2014』開催!

8月21日(木)~24日(日)まで、オーストラリア・ゴールドコーストにて

『パンパシフィック水泳2014』が開催されます。

この大会は、環太平洋地域を中心に4年に1回開催される五輪、世界水泳に次ぐ世界3大大会の1つ。
僕もMCとして、現地から選手たちの熱い戦いをお届けしますので、みなさんお楽しみに!

 

【テレビ朝日「パンパシフィック水泳」地上波放送スケジュール】

8月21日(木) 19:00~20:54

8月22日(金) 19:00~20:54

8月23日(土) 18:56~20:54

8月24日(日) 18:30~20:26

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.tv-asahi.co.jp/panpacisuiei2014/onair/

 

くいしん坊!万才 福井編4

東尋坊にほど近い福井県あわら市には、知る人ぞ知る珍しい郷土菓子があると聞いてやって来ました。

そのお菓子とは「とびつき団子」と言って、カマササゲという小さな豆が、

お団子の表面にびっしりついています!

 

作り方は、まず、カマササゲをたっぷりの水と砂糖、少々の塩で茹で、

火を入れては冷ますという工程を繰り返します。

一晩経ったら、もち粉を30分近くこねて作ったお団子を沸騰したお湯で茹で、

カマササゲの上に打ち上げると、温かいお団子に冷えたカマササゲが、

「とびつく」ようにひっつくのです!

これが名前の由来と言われていますが、「とびつくほどおいしい」という意味もあるんだとか。

 

僕も、できたてを一口でいただいてみると、カマササゲの主張がすごい!

プチプチっとした食感に、どこかなつかしい味がして、おいしいです。

できてから1時間ほどたった「とびつき団子」は、また味が変わるので驚きです。

お団子のかたさが変わってきたことで、カマササゲの主張の仕方も変わってくるんですね。

 

このカマササゲは、なんと、この「とびつき団子」のときだけ使うんだそうです。

こんなにおいしい「とびつき団子」だったら、子どもたちも喜んで飛びつくでしょうね!

これからも、この伝統の味を守り続けていってください!!

 

くいしん坊!万才 福井編3

今日は、三里浜という、日本海側に近い砂地で作られるらっきょうが有名だと伺って、

福井県坂井市三国町にやって来ました!

 

こちらで採れるらっきょうは、一般的な一年栽培で収穫されるものとは違い、

三年子と言って、植え付けしてから、なんと足かけ三年もかけて栽培されるそうなんです!

らっきょうは分球するので、二粒が四粒に、四粒が八粒に増え、その分一粒一粒の大きさは小さくなりますが、

シャキシャキした食感が増していくということなので、いただくのが楽しみです!

 

三里浜特産農業協同組合の方々に、ご自慢の「三年子花らっきょ」の料理をごちそうになりました。

まずいただいたのは、「三年子花らっきょの甘酢漬け」と、それにに唐辛子を加えた「ピリ辛漬け」。

らっきょうというと、噛んでいるとちょっと苦みが出てきますが、

三年頑張った分、甘みが出てきて、お酒がほしくなる味ですね。

 

「三年子らっきょのいなり寿司」は、酢飯の中にらっきょうのみじん切りを入れ、

その上に、さらに甘酢漬けを乗せているという、花らっきょをふんだんに使った一品で、

思わず「うまい!」と言ってしまうおいしさです。

 

らっきょうと納豆、桜エビを使った「三年子花らっきょの天ぷら」は、

納豆独特のねっとり感とそれに負けないらっきょうのシャキシャキ感、

最後に桜エビの香りがして、お見事!の一言です。

 

「三年子花らっきょ」はいろんな形で食べられるし、何といっても旨味が違いますね。

らっきょうの中の王様です!

ありがとうございました。