修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2014年9月のアーカイブ

【楽天ジャパンOP】伊藤竜馬選手が第一シードのワウレンカ選手に勝利!

 

勝った!

第一シードに 勝った!

ワウレンカに 勝った!

全豪チャンピョンに 勝った!

 

興奮してます。

書き始めたら、止まらない、、、

 

簡潔にします。

 

世界ランク4位に、竜馬は

 

テニスで勝った!

 

今回、ワウレンカ選手は、誰よりも早く日本に入り、念入りに練習をしていた。

この大会に縣ける想いが強かった!その彼に竜馬は

 

パワーで勝った!

 

ワウレンカ選手は男子テニス界で最もパワーのある選手と言われている。

どっしりとした体格から放たれるバックハンドは世界一!

パワーパワーで押してくる。

ただ、竜馬のパワーがそれ以上だった。

フォア、バックともに重く、ボールを打つ音がラケットが壊れるんじゃないかと思うくらいの破壊力。

 

まさに竜馬のストロークは

 

ドラゴン! だった。

 

では、今までなぜ竜馬はトップに勝てなかったのか?

 

彼自身が一番知っている。

 

先にリードした時に、どうしても自滅してしまう。守りに入ってしまう。そんな試合を何度も何度も見てきた。

 

ファーストセット7-5でとり、セカンドセットも相手のサーブをブレーク。

 

ここが一番緊張する時だ。ただ、今日の竜馬は違った

 

攻め続けた!信じ続けた!

 

最後のマッチポイントもネットへ攻めて、エースで決めた。

 

試合勝利直後、”よく守りに入らなかった!”という僕の問いに

 

”最初から絶対に攻めるというイメージができていたんです。

やっと出来ました!自分を信じれました!”

 

12歳の頃の丸坊主で可愛い、そして優しい竜馬に戻っていた。

 

、、、、、、しかし、すごいことを成し遂げた!

 

そして、もうひとつ。

 

西岡良仁選手が、仁川で開催されているアジア大会で、世界ランク42位のルー選手(台湾)に6-2.6-2で金メダルを獲得!

 

日本のテニスは今とんでもない上昇気流にのっている。

 

このまま乗り続けよう!

 

明日圭の試合は、センターコートの2試合目。

 

相手クロアチアのドディック選手。

 

とんでもないタフな相手。

 

圭のプレイをみんなで見守りたい!

 

もう一度言わせてください

 

竜馬おめでとう!

今まで諦めずに頑張ってきてよかったね!

 

良仁、金メダル素晴らしい!

これから世界へ羽ばたこう!

 

日本選手をサポートしてくださっているみなさん、ありがとう!おめでとう!

 

修造

 

photo_low.jpg

【楽天ジャパンOP】錦織選手/内山選手ペア初戦突破!

 

錦織圭選手がまた歴史的な出来事を作ってくれました!

 

錦織選手は、内山靖崇選手と組んだダブルスで「センターコート」に登場し、見事勝利を挙げました。

 

すごいのは、大会の序盤でダブルスがセンターコートで行われたということ。

楽天オープンのセンターコートでの試合はすべて世界中で放送されています。

なので、大会が始まったばかり、そしてシード選手がいっぱいいる中、シングルスの試合が義務付けられています。

 

ただ、錦織選手を他のコートでプレイさせることは、お客様が全員観れない状態になる、、、

 

現に試合が始まった11時には7000人近いお客様が、、、

 

世界中探しても、これだけ多くのファンがダブルスを観戦しに、

平日の火曜日午前11時に来られることはありえません。

 

ATPツアーのスタッフも驚きを隠せませんでした。

 

この状況をつくったのが、今大会のトーナメントディレクターである川廷さん。

 

ATP、国際映像含め、周りからの信頼感があったからこそ、ダブルスをセンターコートに入れることができた。

まさに奇跡でした。

 

個人的に嬉しかったのは・・・

 

内山選手の活躍!

 

デ杯戦などでは、彼のプレイに対し厳しいコメントをしていた。

それだけ、内山選手ができる!と信じていたから。

小学5年生の時、修造チャレンジトップジュニアキャンプに参加し、

圭と同じように盛田ファンドで13歳でアメリカに渡った内山選手。

 

圭自身も最も可能性がある選手だと信じている。

 

この勝利は来年行われるワールドクループでのデ杯戦におおきな力になります!

とにかく、暑い有明です。

 

ATPスタッフも「素晴らしい大会だ。お客さんに感謝したい!」とベタ褒め状態。

 

この大会、アシスタントディレクターとして15年携わらせていただいてる自分としては感無量。

 

圭に、靖崇に、選手に、お客様に、スポンサー様に感謝!

 

ただいまから伊藤竜馬選手が、ワウレンカと戦います!

 

集中させてください!   修造

錦織圭選手 マレーシア・オープンで優勝!

 

錦織圭選手がまたやってくれました!

 

マレーシア・オープンでATPツアー今年3勝目を上げた!

そして世界ランキングも自己最高の7位に!

 

ヒ1000ストリーメイキング・侍(歴史を変える)

 

圭が新聞の見出しに!

 

錦織当然の優勝という文字が。

 

その当然の心には―

 

第一シードだから…

ATP250の大会だから…

強い選手が出てないから…

全米で決勝に行ったから…

世界ナンバーワンのジョコビッチに勝ったから…

アジアの星だから…

世界の日清カップヌードルだから…

 

と感じていたのであればぁ、

本気の  です

 

僕は、ツアーをまわっていた選手だったのではっきり言います。

 

今回の優勝は、圭の今後にとっておおきな力になる!

とにかくマレーシアオープンはタフだった。でも素晴らしかった!

 

まず、今回の圭の優勝をみて世界のトップ選手たちが感じた心の声は―

 

グランドスラム決勝の後での試合は一番集中しにくいもの。

テニス以外での活動が多くなり、プレッシャーも強くなる。

しかも周りは勝って当然という気持ちで見ている。その中で勝ち切ったというのは

本当にタフな証拠。

    

完全にトップ選手の仲間入りだ!

 

とつぶやいているはず。

 

今回特に準決勝、決勝での戦いは素晴らしかった。

 

年齢的には、30歳を超えた2人だが、彼らはとにかくタフな選手。

準決勝の相手エイミネンは、ターミネーターと呼んでいるが、どんな状況でも顔色ひとつ変えず戦い続ける。

決勝の相手ベネトー(フランス)は、ターザンのように動き回りアグレッシブなプレイスタイルに圭は何度

も苦しめられた。でも、サービスをブレークされても、大事なところでポイントをとっていたのは圭だった。

 

錦織選手は70パーセントのテニスでも、試合に-勝てる環境になってきたということ。

これは凄いこと!

相手にプレイをさせて、大事な時にしっかりとギアをあげて自分のプレーができる。

 

まさに王者テニスになってきている!

 

緊張感はすごかったはず!

決勝で勝つか負けるかは選手にとって一番の鍵!

 

だからこそ、圭は昨夜から寝られなかったというコメントを残しています。

そして250ポイントというATPポイントが、今の圭にどれだけ大きかったかを感じていたからこその緊張。

 

年末、一年を通じて戦ったトップ8選手が、最強を懸けて戦う、ATPファイナルにまた一歩近づいた!

 

さあ、これから圭にとって大事な楽天オープンが始まります!

昨夜の夜行便で日本につき、有明で練習。

明日の内山選手とのダブルスに備えます。

 

アジアのトップ選手としての責任感をもって頑張る! という圭の言葉に感動!

 

一週間、この有明が圭weekになることを願っています。

 

そして圭に続けと頑張っている日本選手に期待!

 

しかし、今日はテニス日和というか29度です!

 

日本テニスもっとく、いやくなれよ!  熱くなりすぎ ― 熱中症寸前  修造より。。。

 

 

 

20140929_130717_resized.jpg

日めくりカレンダー「まいにち、修造!」の発売記念イベント開催!

2014年9月28日(日)、有隣堂本店別館5階の特設会場にて、

PHP日めくりカレンダー「まいにち、修造!」の発売記念トークショー&サイン会を開催しました。

当日は、定員100名の方にお越しいただき、みなさんのお力もお借りして、素敵で温かいイベントになりました。

本当にありがとうございました!!

 

今回発売したこの日めくりカレンダー、自分でレジに持って行って買うのはちょっと...とネットで買う人が多いとか。笑

また、プレゼントに買ってくれる人も多いそうです。

プレゼントじゃなくてウザレントにならないようにお願いしますよ!

 

photo8.JPG

photo1.JPG

photo2.JPG

photo3.JPG

photo4.JPGphoto6.JPG

photo7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【au】iPhone6/iPhone6 Plusがついに発売!

9月19日(金)、とうとうiPhone6 / iPhone6 Plusが発売になりましたね。

au 原宿ショップで僕もカウントダウンセレモニーに参加させていただきましたが、

朝早くから、予約された方々が並んでいて驚きました。

また、メディアの方々の数も多く、「話題のスマホ」の力を改めて大きく感じました。

auのiPhone6は『キャリアアグリゲーション』と『WiMax2+』に対応して、さらに進化を遂げているそうです。

 

松岡店長として、世の中の速さについて行かなければ!

 

two weeks before the release_low.jpg

iPhone_low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


 

発売2時間前には、もうこんなにたくさんの方が・・・ありがとうございます!

そして、ついにiPhone6とiPhone6 plusが発売になりました!

 

i phone 6 first purchase_low.jpg

iphone6  Plus first purchase_low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone6とiPhone6 Plusを一番にご購入いただいた方に、それぞれサインさせていただきました!

 

au Shuzo-san_low.jpg

dempa group_lo.jpg












auの松岡店長としてこれからもがんばります!
イベントでご一緒した「でんば組」のみなさんからCDをいただきました。ありがとうございました!

 

僕もテニス選手なのだ!

錦織圭選手の大活躍のおかげで、多くの方に僕もテニス選手だということを再認識していただけました!

 

そして、テニスというスポーツにも注目してもらえて、こんなにうれしいことはありません!!

 

圭さまさまです!

ありがとう、圭!!

 

photo_tennis player.JPG

 

【ESD】文部科学省 下村大臣を表敬訪問!

本日、ESDオフィシャルサポーターとして、さかなクン、白井貴子さんと一緒に、

文部科学省の下村博文大臣を表敬訪問しました!

 

9月20日(土)には、日本科学未来館1階コミュニケーションロビーにて、

ESDユネスコ世界会議直前イベント「ESDフェスタ2014秋 in 東京」が開催されます。

(僕は仕事の都合で伺えないのですが・・・)会場では、様々なイベントも行われる予定ですので、

お時間のある方はぜひお越しいただき、僕のブースにもお立ち寄りください!

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.mext.go.jp/unesco/001/2014/1351942.htm

 

photo4.JPG

photo.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo2.JPG

 

東レ パン パシフィック オープンテニスに出演!

2014年9月15日(月・祝)~21日(日)まで、有明で「東レ パン パシフィック オープンテニス」が開催されます。

 

9月20日(土)と21日(日)には、僕も会場で解説いたしますので、みなさまどうぞお楽しみに!

 

【放送スケジュール】

9月20日(土) 14時~14時54分 (関東ローカル)

9月21日(日) 14時~15時24分 (全国ネット)

 

詳細はこちらをご覧ください↓

http://www.tbs.co.jp/ppotennis/

 

ファイナル 圭ありがとう

あのアディダスの靴でも有名なスタン・スミスさんのコイントスで全米オープン決勝戦が始まった。
 
今まで、解説などで幾度となく現場で決勝戦を観てきたが、
エンターテーメントの国アメリカニューヨークで行われるグランドスラムはまさにお祭りの雰囲気がある。

その場に日本人、錦織圭がいる。
 
試合が始まる前から僕の心は絶頂に達していた。
嬉しさと、そしてこれから始まる戦いに体の震えが止まらない。
 
錦織圭24歳、マリン・チリッチ25歳。同世代、そして新時代のテニス対決となった。

第1セット 3-6
 
◆出足チャンスが…
 
ファーストサービスを返し相手のミスを誘い、第1ゲームからいきなり30-40ブレークポイントが圭にやってきた!
大きな大きなチャンス。
一気に圭のペースになる大事なポイント。そこでチリッチのスーパクロスフォアハンドが炸裂。
このショットでチリッチの緊張が解け、フェデラーに対しストレートで破った完璧なプレイになる。
 
◆圭、緊張…硬い…
 
当たり前ですよね。
グランドスラム決勝。大きな期待がかかる。
何度も何度も肩で息を吸ったり、足を動かしたり、深呼吸など何度も何度も体の硬さを取り除こうとしていた…
 
◆いつものプレイでなく守り…
 
決勝まで勝ち上がって来た圭の良さは攻撃に徹していたところだが、
体がそうさせてくれない…チリッチに対し5勝2敗。

自信があり、しかも世界トップを倒してきているからこそ勝てる…その思いが圭を狂わせた。
 
だから…
 
◆チリッチがプレイを支配していた。
 
いつもは、圭がストローク戦になるとゲームをコントロールしていた。
今大会初めて圭が感じた、相手から押された状況だった。
 
第1セットのエース、チリッチ11本、圭は2本
この数字は、今までの圭であれば考えられない数字。
 
第2セット 3-6
 
◆リズムが作れない…
 
圭のテニスの良さはリズムが大事。誰よりも速く、重いボールを放つ圭にとって、
少しでもヒッティングポイントが狂うとミスにつながってしまう。
 
力はいるから…
 
思うようなショットが入らない。力むからフレームショット、
またボールにきれがなくなってしまう。
 
そうさせているのが…
 
◆チリッチの攻めが早い。そしてリラックスしている。
 
いつも圭がしていたプレイをチリッチがしているようだった。
 
◆でたっ!チリッチの完璧サービスゲーム
 
第6ゲーム ノータッチエース4本連続
4本連続サービスだけで終わる、ラケットに触らせず終わる。僕もテニス人生で数回あるが(チリッチのコーチ世界一になったイバニセビッチに対し僕も達成したことがある。自慢ではないが彼には2回勝っている。自分の事ですみません…)このパーフェクトサービスゲーム達成するととんでもないボーナスがもらえる。心のボーナス、とんでもなくリラックス、自信が加わるのだ。
 
◆ジョコビッチが『圭のバックは世界一だ!』といったバックハンドのエースが一本
 
ここまで勝ってきた大きな要因に、バックハンドのスゴさがあった。
ストレート、クロスとどこへでも、またバランス崩してもエースをとってきた。
そのバックでポイントが奪えなかった。
 
◆それだけ圭は構えてボールを打たせてくれる状況になれなかった。
 
第3セット 3-6
 
◆チリッチの勢いは誰もとめられない
 
チリッチのテニスは完璧だった
攻撃、守り、そしてメンタル。パーフェクトだった。
チリッチを称えるしかない。緊張して硬くなる大事なところでミスをする松岡修造は
今日のチリッチが出てこなかった。
 
まさに… あっぱれ!
 
それでも…
 
◆圭はネバーギブアップ
 
 圭は、諦めなかった。最後まで。
すみません…破れた圭がセンターコートで肩を落としている姿をみると、もう涙が止まりません。
 
勝ってほしかった、っというより勝たせてあげたかった!
 
圭、ありがとう。
感動、希望、そして可能性をありがとう。
 
感性豊かで優しい素晴らしい選手に育ててくださったご両親、
圭の才能を見つけてくれた島根の柏井コーチ、アメリカの地へ夢を繋げてくださった日本テニス協会名誉会長盛田さんをはじめ、
圭と一緒に夢を追いかけてくださった皆さんに、ただただお礼を言いたいです。

ありがとうございます、おめでとうございます。
 
そして圭
 
あえて言わせてください。
ここからだ!ここがスタートだ!圭の本当の夢を掴んでくれ!
 
悔しい、頑張った、心が感じ動かされた!
 
圭、ありがとう!ありがとう!心からありがとう!
 
ジュニアキャンプと圭の試合観戦で、気合が入りすぎてギックリ腰になってしまった
・・・やはり僕は松岡修造だった!
 
修造

いよいよ錦織圭選手が世界の頂上に経つ時がやってきた。

いよいよ錦織圭選手が世界の頂上に経つ時がやってきた。
日本テニス界のDreamがCome Trueする時がやってきた!
 
相手は、マリン・チリッチ選手。
錦織選手は、絶対に勝てる!だって...
・チリッチはランキングが世界16位だから~
・5勝2敗で有利だし~
・圭の方が強い選手に勝って来ているから~
と、圭が完全に有利だと思っているあなたに・・・
 
喝!
 
今、チリッチは圭同様、最も勢いがある選手の一人です。
チリッチは、今までのプレイより攻撃的になり自信を持ってプレイしている。そして今までの対戦成績は関係ない・・・と圭が決勝へ向けて語っているように、今世界で最も勢いのある選手なのだ。
 
では、どうすれば圭はチリッチに勝ってグランドスラムで優勝できるのか?
 
今回も書きたいことが山ほどあるのですが、ジュニアキャンプ中ということもあるので、
簡単に・・・
 
◆プレッシャーはお互い様!
今回どちらが勝ってもグランドスラム初勝利。
勝ちたい気持ち、勝つことへのプレッシャーは同じ。
 
ただ・・・
 
◆チリッチは松岡修造になる時がある。
チリッチ選手は、圭と比べてプレーが硬い。一言で言えば僕に似ている。
大事な時ほど力が入る。その一所懸命さが逆に焦りに変わってしまうことがある。
プレッシャーをチリッチがより感じているのは確かだ。
 
 
 
◆チリッチの一番の武器をブロックしろ!
チリッチの武器は言うまでもない、サービスだ。
準々決勝で圭が対戦したラオニッチ選手と同様、世界のビックサーバーのひとり。
 
だからこそ・・・
 
◆プレイをさせろ!
リターンエースなどは必要ない。
とにかく、チリッチのサービスゲームでラリーを多くさせる。
序盤から相手に対しポイント、ラリーをチリッチのサービスゲームで長くしていく。
 
するとチリッチは・・・
 
◆パニック状態になる!
サービスだけでしかポイントが取れない状況になると、焦りが出て、よりサービスを強打してくる。それこそが一番圭がさせたいこと。
サービスはリラックスしている時のみ、スピードがでる。チリッチを力ませたい。
 
その為には・・・
 
◆ストロークでチリッチに時間を与えるな!
今までよりも強打してくるようになったチリッチに対し、しっかりと構えて打たせる状況を作るのは避けたい。
これまで戦ってきた圭のスタイル、じわじわコート内に入ってプレイできることができれば、完全に相手のリズムを崩すことができる。
 
だから・・・
 
◆オープンスタンスでプレイさせろ!
チリッチが、ストロークの際、オープンスタンス(足を横に開いて打つ形、フォアハンドなら右足が右にステップしている形)で打たせたい。
しっかりと時間があり、スクエアスタンス(フォアハンドなら左足を前にステップインして打つ形)にさせると、より安定しパワーが生まれる。
オープンスタンスにしている状態は相手を押している状態。そして、オープンスタンスが多くなればなるほど、体力的にも消耗していく。
 
 
極めつけは・・・
 
◆逆をつけ!
チリッチの想像している逆を打つ。するとバランスが崩れ、思うようなプレイができなくなっていく。
そうすれば完全にストロークで圭が主導権を得ることができる。
 
これができれば、圭は全米で優勝します。
ただ、こんな簡単に勝たせてくれる相手ではない。
 
そのことを一番知っているのが・・・
 
◆ボブ・ブレッド!
今、僕は自分にとっての恩師であるボブ・ブレッドを招いて、
「トップジュニアキャンプを行っているが、ボブこそが、チリッチを育てたコーチだ。
15歳に初めて出会い、その後はツアーを一緒に周り世界9位まで押し上げ、
一年前まで一緒に戦っていた。(この9年間はボブの合宿中、チリッチの話がボブからよくあった)
 
そして、圭もボブを招いてのジュニアキャンプに参加したことがあり、世界を初めて感じさせてくれたのがボブでした。
2年前の全米オープン、圭はチリッチに敗れるが、完全に戦略にやられたのだ。
当時はまだボブはチリッチのコーチをしていて、圭を知り尽くしているボブがチリッチに与えた戦い方に、圭はやられたのである。
 
その試合後、実はボブのところにけいが来て、“自分の何がいけなかったか?”と聞きてきたそうです。
そのアドバイスこそがこの決勝で勝つための大事なポイントになっているのだと、僕は思います。
 
すみません。書きたい思いはいっぱいなのですが、まもなく2日目のジュニアキャンプに行ってきます。
 
みなさん、いよいよですね!
 
これぞインターナショナルスポーツ!
テニスを感じましょう!
 
間違いなく、この試合は世界最高峰の内容になります。
テニスの素晴らしさを伝えたいと言っていた圭の思いを感じながら見てください。
 
そして・・・
 
◆信じている、いや “できる!”
圭は今まで夢に向かって何度も挫折や悔しい思いを感じながらも一所懸命やってきた。
世界一のメンタル、そしてテニスをしている圭。
 
もうなにも恐れることはない。恐れなければいけないのは・・・
 
◆守りの心
勝ちたいと思えば思うほど、テニス選手は守りに入ってしまう。
今まで通り攻撃だ、圭のテニスを貫き通せ!
 
だから・・・
 
◆チャンスをチャンスに!
圭は、ここぞというところで強い!
チャンスをピンチに変えてしまう僕と違って、チャンスをチャンスにできるメンタルがある。
いまがそのチャンスだ!
 
あ~~~~~~~~~~っ、止まらない...
時間気にせず思う存分書くのか?...
はたまた目標に向かって頑張っているジュニア選手たちの元に戻って指導するのか?... あー、迷う・迷う...けど...
 
圭に憧れ、圭のようになりたいと思っている子供たちのもとも戻ります!
 
明日も一緒に戦いましょう!
 
圭なら大丈夫、圭ならできる、圭だからできる!

修造

140908_s.jpg

錦織圭選手が、日本人初のグランドスラム決勝進出を果たしました!

錦織圭選手が、日本人初のグランドスラム決勝進出を果たしました!
すみません・・・興奮を超えて、圭の凄さと圭への感謝の思いしかでてきません・・・
 
しかし、冷静に準決勝の試合分析をしてみます。
 
◆試合前から感無量!
 
僕は圭がセンターコートに入ってくる前から興奮と喜びを感じていた。
試合直前緊張した中、コート上に入る前にテレビのインタビューが始まる。落ち着いている圭。そして英語で話す圭。
国際的なスポーツであるテニスならではの良さである。どの国の選手でもテニスプレイヤーは英語で話ができる。
まさにインターナショナル。僕は、圭の頑張る姿を思い出した。11歳から参加したトップジュニアキャンプ。夜のミーティングでは、練習コートの予約、練習相手を探す、ホテルの受付、海外の空港でのパスポートコントロールなどなど・・・
僕が世界のテニス舞台で経験した状況を想定し、英語で話す練習をしていた。相当な緊張感の中、英語のしゃべれない圭は泣きながらも、一所懸命、体をつかいながら表現している姿があった。だからこそ、かつての女子トップ選手フェルナンデスさん(インタビューアー)に堂々と話す圭にまずは感無量。
 
◆喜びは束の間・・・
 
気温 30度を越える選手にとってタフなコンディション。
持久戦を目指す世界ナンバーワンのジョコビッチにとっては最高の状態だった。
 
◆最初から圭ワールド炸裂!
 
 第1セット  6-4 
今までの対戦相手で一番違うのが、ジョコビッチは守りがすごいこと。
じわじわと持久戦に持ち込み勝負をモノにしたいという王者の雰囲気を感じる出だし。

・先手をとった!

お互い最高の状態でのプレー。打ち合っている中、圭が相手を振り回しコントロール。
そしてコートの内側でプレイしていく。

・大事な時にファーストサーブが入った!
 
5-4でサービスを軸にしたポイントが3本!素晴らしい!
 
第2セット  1-6
 
・隙をみて攻めてきた!
 
世界一スライディングショットが得意なジョコビッチ。
圭の攻撃を守って守って、隙をみつけては攻めてきた!流石!
 
第3セット  7-6(7-4)

・ガッツポーズの出し合い
 
 お互いにコーチとともに戦っている。
 
・圭が試合中にコーチを見た!
 
圭は、選手の中で最もコーチ陣のいるファミリーボックスを見ない選手。
圭が13歳の時に出場した18歳以下のジュニア国際大会。僕はあえてワイルドカードを与え、圭に国際試合の経験を積ませた。その時、圭は身長180センチの海外選手に対し勝ちきった。その際、ジュニア合宿も並行して行っていたが、参加ジュニアを含めコートサイドで応援した。圭は一度たりとも僕らを見なかった。思いを感じながら一人で戦っていける力を持っていた。プロになっても同じだった。
でも、その圭が…4-3サービスをキープしたとき、マイケルを見ながらガッツポーズ。
こんな光景今まではなかった。
17歳で全仏オープン優勝したマイケル・チャンはガッツポーズの申し子だった。マイケル魂が圭の表現力をアップさせた、まさに一緒に戦っていたのだ。
そして次のジョコビッチのサービスゲームをブレークする!
 
一方・・・
 ・ジョコビッチはボリス・ベッカーへむけ吠えるガッツポーズ!
圭がマイケルなら、ジョコビッチの特別コーチは17歳でウインブルドンチャンピョンになったボリス・ベッカー。ブレークバックし、サービスをキープした瞬間、吠えた吠えた、ベッカーを見ながら吠えた!
 
・1-0からの2ポイント。圭の積極的なリターンが炸裂した!
ジョコビッチは、圭のリターンを警戒し、ダブルフォルトを含め守りに入っていく…
ここでジョコビッチの勢いが完全に止まった。いや圭の攻撃力がジョコビッチの守備力を上回ったのだ!
 
第4セット  6-3
・踏ん張った踏ん張った、ここ大きかった!
1-0、圭のサービス0-40
いきなりブレークしたあと、圭のサービス0-40。
プレッシャーを感じるなか、攻撃し続けた!ここからジョコビッチが・・・
 
・ジョコビッチ、王者テニスなくなった・・・
こんなジョコビッチをみたことがない。
完全に守った、弱気になった、しつこさがなくなった。
 
何故・・・
 
◆全ては圭の今まで誰もしたことがない超攻撃型想像力テニス!
とにかくジョコビッチは圭のテニスを警戒していた。何をしてくるかわからない。
ほかの選手のように様子をみながらプレイする状況では、圭のベースライン上からどんどんコートの内側に攻めてくるテニスに対抗できない。
最後のセットは、完全にジョコビッチのもっているテニスの駒がなくなった。そして王者の貫禄はなく、むしろ守りに入ってしまった。それだけ圭のすべてが凄かった!
 
 
今日の圭は、今大会のベストテニス!
そしてメンタルが凄かった!
今の圭のメンタルは世界一強い!
 
これまで僕も、そして世界のテニス評論家も、圭のメンタル、そして体力に対し不安感があった。
しかし今はない・・・
圭、頑張った!変わった!そして圭の本来持っている力がでてきた!
 
圭は、世界一のメンタルの持ち主だ!
 
皆さんに、この試合の奥深さをもっとしっかりと伝えたいのですが・・・
 
今日から僕を育ててくれたボブ・ブレッド氏を招いてのトップジュニアキャンプがスタート。ボブは、ボリス・ベッカー、イバニセビッチ(チリッチもそう)など、世界ナンバーワンを育てたコーチ。
圭が一番最初に世界を感じたのも11歳の時に参加したボブの合宿。
 
ボブはこの快挙を心の底から喜んでいます!
 
圭の快挙はジュニアにとって最高のエネルギー源。最高の合宿になりそうです。
 
ありがとう圭、おめでとう圭、そして、あと1つだ!圭っ!
 
涙が止まらない・・・修造

s_140907.jpg

錦織圭選手 全米オープン準決勝!

日本中が圭フィーバーになっている!

 

テニスが盛り上がっている!

 

圭に心から感謝です。

 

全米オープンテニス準決勝。

次はいよいよ世界ナンバー1ノバク・ジョコビッチ選手との激突。

 

錦織選手は、心からジョコビッチ選手に対し『勝てる!』と思っている。

しかし、その理由を書くと1時間はかかってしまうため・・・、ならば今回はジョコビッチに勝つために

圭がしなければならないことを、僕なりの視点で箇条書きにします。

 

◆最初に、圭ワールドにする!

ジョコビッチは今、最強のテニスをしている。完全に世界ナンバー1として、威圧を圭にかけてくる。

だからこそ、序盤からペースを圭ワールドにしたい。

 

その為には…

 

◆先手先手先手!

ジョコビッチのすごさは、じわじわとプレイして相手を追い詰めていく。ラオニッチ、ワウリンカのような

強打はない。だからこそ、いつも圭が仕掛け主導権を得る必要がある。

 

だからこそ・・・

 

◆主導権はいつも圭!

相手に時間を与えないプレイをしなければならない。

みなさんが試合を観ていて、圭がよりベースライン上でプレイしていれば、圭ペース。

ジョコビッチをベースラインより後ろでプレイさせることができれば、圭ワールドを作れる。

 

ただ・・・

 

◆バックのストレートに気をつけろ!

世界一バックハンドのストレートが得意なジョコビッチ。

しっかりと構えてバックを打たせる状況は避けたい…

その為にも、フォアハンドへのボールの組み立てが大事になってくる。

 

◆サービスゲーム、絶対に1ゲームに2ポイント

ここが一番大事! サービスエースは必要ない。

 

サービスを軸にポイントを取れるサービスポイントが2本あれば、サービスキープできる。

 

最後に・・・

 

◆皆さんに伝えたい…信じよう!

マイケルコーチは、誰よりも圭が勝てると信じています。

みんなマイケルになろう。できると信じよう。そして一緒に戦おう!

 

 

さあ、日曜日はみんなの心はニューヨーク、アーサーアッシュスタジアムへ!

一緒に全米オープン準決勝を戦おう!

 

何があっても圭を信じてる   修造より

錦織圭選手 全米オープンベスト4進出!!

全米オープンテニス、ニューヨークで凄いことが起こった。

錦織圭選手が、1918年に熊谷一弥選手以来となる男子日本人選手として、96年ぶりにベスト4に進出!!

興奮しすぎて、伝えたいことがたくさんあるのですが、何から書けばいいのか混乱しています・・・。

 

なので、今回の試合に関するポイントをとりあえず箇条書きにしてみました。

 

・世界トップと言われているストロークを持つワウリンカ選手に対し、圭が完全に主導権を握っていた。

・相手のサーブは完ぺきに近かった。

・圭のサーブは悪かった。

・それなのに勝てた!これが一番の驚き!ストロークを含めた圭のテニスの引き出しの多さをより感じた。

・メンタルはまるでマイケル・チャン。歴代の選手の中でもっともメンタルが強いと言われたマイケル・チャン。

今日は圭・チャンだった(^^;

・第4セット、タイブレークで圭が落とした・・・第5セットに入って、体力、終わっていた…

 

でも勝った!

正直相手は闘牛のように体力がある状態。

圭は20%くらいの省エネテニスで最後のゲーム以外はしのいで勝った。

 

僕は今、「くいしん坊!万才」のロケで地方に・・・

しかーしっ、WOWOWオンデマンドという素晴らしいコンテンツと、地方でもしっかりと繋がったauのお蔭で、

圭の試合を観戦できたことに感謝です!

 

次の試合まで2日休める・・・

 

僕の人生で錦織圭に出会えたことが、何よりも嬉しい!

ありがとう圭、おめでとう圭、そして最後まで行くぞ、圭!

 

松岡修造

 

photo1_usopen.JPGphoto2_usopen.JPG