修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2015年12月のアーカイブ

【くいしん坊!万才】島根編①「のどぐろ」

今日は、島根県松江市で、島根を代表する魚をいただきます。

その魚とは・・・そうです!

松江出身のプロテニスプレーヤー錦織圭選手の大好物として話題になった、あの「のどぐろ」です!!

脂ののりが良く、白身のトロといわれるほどおいしいのどぐろ。

今回は、郷土料理「てれすこ」の渡部佑一さんにご紹介いただきます。

 

まずいただいたのは、「のどぐろの刺身」。

一瞬鯛かなとも思うような見た目ですが、その身はソフト。

お刺身はさらってしていて軽く、旨味もありますし、食感も独特ですね。

皮目を焼いたものは、「うまい!」の一言。

「のどぐろの塩焼き」は、脂もあって、身がサラッともしてるし、しっかりもしてる。

これも「おいしい!」という言葉しか出てきません。

「のどぐろの生炊き」は、見た目ですでにおいしい!のが分かります。

煮たことによって、身のぷりぷり感がより出てきている感じですね。

 

のどぐろ・・・参りました。。。

この魚を小さいころから食べていた圭がうらやましい!!

のどぐろ三昧、幸せでした。ありがとうございました。

 

IMG_6317_low.jpg

みなさん、ファブタクご存知ですか?

ご存知ですか?

12月限定でファブリーズが搭載された日本交通のタクシー「ファブタク」が全国を

走行しているんです。

キャンペーンロゴのステッカーが乗車口ドアに貼られています。

全国タクシーアプリを使用すると、12月限定で、今自分がいるとこから「ファブタク」を

呼べるようになっているんだとか。

 

index-febtaxi.png

 

 

 

 

忘年会シーズンはタクシーもいろんな人が乗るので「ニオイ」もさまざま。

車のにおいで車酔いをしてしまった経験って、誰でもありますよね?僕も…あります。

そんな時にファブリーズでさわやかな気分でタクシーに乗って帰れるのっていいですよね。

 

詳しくはP&G マイレシピ内 ファブタクをご覧ください。

https://www.myrepi.com/tag/myrepi-febreze-febtaxi

 

『クサくないタクシー、「ファブタク」日本全国で走行中!

全国タクシーアプリで予約して忘年会シーズンを乗り切ろう!!』

コンセプトTAXI走行_600_400.jpg

 

 

【くいしん坊!万才】東京編②「北区おでん」

東京北区の名物は「おでん」。

その歴史は古く、大正12年(1937年)に起きた関東大震災のあと、

被災された方々への炊き出しとして、おでんがよくふるまわれていたそうです。

また、戦中戦後は、このあたりに町工場がとても多く、そこで働く5万人を超える方々に、おでんはとても愛されていたんだとか。

今でいうファストフードのような感じだったんですね。

 

今回は、「北区おでん部」のみなさんにご自慢のおでんをご馳走になります。

おでんの具材もとても豊富!

ただ、「北区おでん」には三ヵ条があるそうで、

①ちくわぶ、巾着、江戸野菜が入っていること

②ダシ、タレの味付けは自由

③笑顔でつくり、笑顔でたべる

の3つ。

この定義を満たしていれば「北区おでん」です!

 

東京発祥の「ちくわぶ」は、うどんみたい。すいとんに近いですね。

「巾着」は、さっぱり。

「銀杏がんも」は、ふわふわしながら味がしみ出してくるジューシーさがあります。

 

これだけいろんな味が入っているのに、個々の味がケンカすることなく、すべてマッチしているのが「おでん」の素晴らしいところですね。

みなさんのおでんにかける情熱を感じながらいただいたので、身も心も熱くなりました!

ありがとうございました。

 

DSC00099_low.jpg

DSC00102_low.jpg

 









 

TBS『炎の体育会TV 3時間スペシャル』放送!

今週土曜日に放送される『炎の体育会TV 3時間SP』の中で、

今年世界で活躍したアスリートの一人、錦織圭選手のコーナーに出演させていただきました。

みなさま、ぜひご覧ください!

 

---------------------------------------------------------------

TBS 『炎の体育会TV 3時間SP

2015年12月19日(土)  18時50分~21時48分

詳細はこちらをご覧ください↓

http://www.tbs.co.jp/taiikukaitv/

---------------------------------------------------------------

【くいしん坊!万才】東京編①「チキンボール」

今回は、東京北区の十条に、元気な商店街があると聞いてやってきました。

人がたくさんいて、とても活気があるここは「十条銀座商店街」。

加盟店約200店を誇る、北区では最大規模の商店街です。

 

ここで、創業50年を超える鳥と卵の専門店「鳥大」さんには、

鶏肉のほかに焼き鳥やモモ焼き、から揚げなど約70種類ものお惣菜が並んでいます。

中でも、名物の「チキンボール」は、1個10円という驚きの安さ!

「鳥大」さんの看板商品で、なんと1日平均1万個も売れるそうです!!

 

そのままいただくと、周りはカラッ、中がフワッ。

その隠し味として、おからが入っているんだとか!

お醤油を少したらすと、チキンの甘さに、醤油が絡み合ってくる和風味。

ケチャップにつけていただくと、コロッケみたいな洋風味に変わります。

また、酢豚風の甘辛い惣菜用のタレと絡めると、酢豚風「チキンボール丼」のできあがり!

 

「チキンボール」そのものは薄味なので、そのまま食べてもよし、料理に使ってもよし!

この「チキンボール」はいろんなボールを投げられます!

ストレートでもいいし、醤油のカーブでもいいし、酢豚のナックルでもいい!

 

お店の原点ともいえるこの「チキンボール」は、まさにオールマイティ!

値段もおいしさも、「チキンボール」を投げられた僕の心は、ストラーッイク!


DSC00105_low.jpgDSC00107_low.jpg

 

ミュージカル「李香蘭」

先日、BS朝日「ザ・インタビュー」の番組で、浅利慶太さんにお話を伺う機会がありました。

 

僕にとっての浅利さんの印象は「鋭く、半端なことは嫌う人。」

だからこそ中途半端な聞き方はできない。

浅利さんの稽古場で本気で聞いた1時間半。

僕は、完全に浅利慶太ワールドにはまってしまいました。

1つ1つの言葉、ストーリーにこれまでの演劇の歴史を感じ、日本に演劇を、本当のエンターテイメントを作り上げていかれた浅利さんのパワーの源を感じ取ることがでできました。

それはまさに 『浅利慶太』という人間力。

人として魅力があり、「この人の言葉を信じてついていけば必ず成功できるんだ!」、そう信じさせてくれる力があるんです。

それは、インタビュー中、何度も浅利さんの口から出てきた言葉・・・

 

“To be or not to be that is a question !” (生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。)

 

シェイクスピアの代表作の1つ『ハムレットの中の名台詞を何度も繰り返されていました。

生か死か・・・

浅利さん自身、これまでの人生「生きるか死ぬか」、いつも本気で生きてきたからこそ、とんでもないことを成し遂げてこられたのだと感じました。

 

まさにその魂が込められた作品が、浅利さんが企画、構成、演出を手掛けられたミュージカル「李香蘭」なんだと思いました。

先日、ミュージカル「李香蘭」にご招待いただき、自由劇場に行かせていただきましたが、浅利さん魂一杯のミュージカルでした。

言葉一つ一つに、問いかけがありました。

 

今、僕の脳に流れ続けている最後のシーン…

♪「徳をもって怨みに報いよう~

憎しみを憎しみで返すなら、争いは未来永劫へと続くだろう・・・

今の平和は、多くの人の犠牲の上に成り立っている。

その平和の上に、今生きているということ、そして平和を願う人たちが、どの時代にもたくさんいたんだということを改めて思い知らされる。

だからこそ、僕らはどんな時も「自分の心に聞く力を持っていたい。自分の良心に聞いて、良心に従って生きていきたい!」 そう感じさせてくれる作品でした。

そして、自由劇場に流れる空気には一体感がありました。

本気の演劇は、見ている人を感動させる。

そして、その波動を演じる皆さんも同時に感じている。

まさに感動の共有がそこにあったんです。

 

浅利慶太さんと演者の皆さん、浅利事務所のスタッフの皆さん、素敵な時間をありがとうございました。

 

母音を大事に伝えている皆さん流に・・・

まつおかしゅうぞう    あうおあ いううおう!(わかる人にしかわからなくてごめんなさい…)

 

Lee Hsiang Lan.jpg

今年最後のテニスレッスン!

先週の日曜日、レックインドアテニス上石神井でミズノビクトリーテニスクリニックを行いました。

ここのスクール生ということで、みなさんとても熱心なので、

教えている立場としては、とてもやりがいのあるテニスレッスンでした。

 

A.JPG


たくさんの皆さんが参加してくださって、ありがとうございました。

 

B.JPG

 


また、テニスクラブのスタッフの皆さんが作ってくださった歓迎ボード、ありがとうございました。

 

C.JPG

 

【くいしん坊!万才】奄美大島編⑧「マベ貝と白蝶貝」

奄美大島と加計呂麻島にはさまれた大島海峡は、明治時代から真珠貝や魚の養殖場として利用されてきたところです。

 

ここでは、真珠貝として、マベ貝と白蝶貝を養殖しているそうで、

特に、マベ貝は、この地方独特の貝で、貝殻の内側に半球型の大きな真珠ができるんだとか。

白蝶貝は、まんまるとした金色の真珠ができ、とてもきれいです。

 

もともとは真珠を育てるためだけの貝だったそうですが、

その味もおいしいということで、今はレストランでも出すようになったということで、

今回は、この真珠貝を使った料理をいただきます。
 

「マベ貝の刺身」は、貝柱の部分を酢味噌でいただきます。

貝柱にしては、サクサクしている感じで、味も濃厚です。

「島の宝揚げ」(マベ貝とアオサノリの天ぷら)は、

みなさんの知恵と工夫が感じられる一品ですね。

「白蝶貝の冷製パスタ」は、すごいさっぱり!

マベ貝とはまた違ったおいしさがありました。

 

奄美の真珠貝、真珠も美しいですが、真珠貝の味も美しいです!

ありがとうございました。

 

DSC00042_low.jpg

DSC00046_low.jpg


DSC00044_low.jpg

DSC00045_low.jpg

皆さんに感謝!皆さんにありがとう!

『まいにち、修造』2015ユーキャン新語・流行語大賞に選ばれてしまいました。

なんとノミネート50選だけではなく、トップ10に入ってしまったのです。この衝撃をどう受け止めれば

いいのでしょうか?

 

嬉しさ驚き「何故『まいにち、修造」が?」という疑問も感じた瞬間でした。

嬉しさでいえば、誤解を恐れずに言わせていただきます。

 

僕にとって流行語として支持していただけた事は…

「ウインブルドンのベスト8に入ったことよりも嬉しい!!」ことなんです。

何故なら、ウインブルドンはテニスの試合であり、松岡修造が頑張ったからこそ掴んだ結果。

でも、今回の流行語は僕ではない、皆さんの思いによっていただけた賞なんです。

IMG_6164.JPG

IMG_6168.JPG僕の生きがいは応援である

僕の応援が微力ながら皆さんの力になっている!

テニスを卒業してから17年。自分の歩んできた道が間違っていなかった!そう感じさてくれた瞬間で

もありました。そして、この賞をいただいたことにより、今まで以上に使命感、責任感が強くまりました。 

 

IMG_6173.JPGのサムネイル画像

より修造らしく、応援していくこと!

 疑問 何故『まいにち、修造!』が流行語10に選ばれたのか?

【まいにち修造】とはいったいどんな言葉なのであろうか?

修造辞書で調べると・・・【まいにち、修造!】とは、毎日を松岡修造

のように元気で明るく、今、ここを一所懸命生きていくことをいう。

崖っぷちが大好きになり、富士山のように一番を目指し、サバにな

って自分に自信をもつ。無理、できないは禁句。無理というのが無理、

できないということができない、諦めるなを諦めるな!すべての行動、

言葉が松岡修造なのである。

 

…これは皆さんの思う僕のイメージの訳し方。

 

本当の松岡修造が訳したらこうなる…

【まいにち、修造!】とは実はいつも消極的で、周りのことばかり気にし、自信をもてないチキンハート

野郎。だからこそ、メンタルトレーニング、また世界的なアスリートとのインタビューから、どうすれば前

向きに物事をとらえることができるかを松岡修造なりに学んできた。まいにちの行動、言葉によって消

極的な自分をどれだけ前向きに活き活き生きていけるか、自分自身に語りかけている言葉。

 

まいにち修造00_表紙.jpg「まいにち、修造」とは、松岡修造がどんなときもまいにち前

きに元気に笑顔で生きていくために作られた言葉なのである。

「まいにち、修造」を大事にしてくれたということは、沢山の方が松岡修造

ようにネガティブで自信が持てず、不安なまいにちを送っている人が

いるということになる。

 たくさんの方々と心の共有ができたこと感無量です。

 

 

IMG_6171.JPG

 だからこそ、僕がこれから死ぬまで目指すこと、それこそが・・・

 まいにち、修造!だ。

流行語とは、流れ行く言葉とかく。

その流れは穏やかになったり途絶えたりしていくもの。ただ、この

流れを僕はしっかりと正しい方向に進めていきたい!何故なら、

僕にはその使命があると感じています。

 

松岡修造にしかできない応援。

それこそが、僕の生涯目指すことであり、まいにち修造で居続けることなんです!

今の目標は2020年東京オリンピック・パラリンピック。僕の人生の中で大きな節目になると感じています。

それまで新幹線(のぞみ)で突っ走っていきたい!

 

最後に、日ごろの感謝を伝えさせてください。

この賞をいただけたのも、皆さんの暖かいご理解があったからこそだと感じています。 

ありがとうございます。

 また、僕とともに思いを形にしてきたテニス界、テレビ界、IMG(僕のマネージャー)の皆さんにお礼を

言いたいです。そして、テニスを卒業してから今のポジションに行きつくまで、どんな時も一所懸命応援

してくれた妻、松岡惠美子さんに心から感謝。そして子供たち3人も含め、家庭でも「まいにち、修造!」

で生きていけるように歩んでいきたいと思います。(いつも家庭では“できない、修造!”です)

 

IMG_6177.JPGのサムネイル画像そうそう、この二人を忘れてはいけません。

僕と一緒に「まいにち、修造!」を作ってくれたPHPの太田くんと小室さん。

訳の分からない僕の言葉を、1つ1つ大切に考えて選んでくださったから

こその作品なんです。お二人がいなければ、こんなに素晴らしいカレンダー

はできませんでしたよ、ありがとうござました!

 

IMG_6180.JPG

 感謝の思いを伝える中で涙腺がありがとう…止まらなくなってきた…

しつこいかもしれませんが、そのくらいたくさんの人たちが僕の言葉を

真剣受け止めてくれたことへの喜び、すべての思いに感謝を込めて、

最後に言わせてください。

 

 

 今日から君は・・・

まいにち、元気!まいにち、笑顔!まいにち、修造!

 

長文に付き合ってくださり、ありがとうございました。

 

応援人 松岡修造より