修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2016年9月のアーカイブ

ボブを招いての修造チャレンジトップジュニアキャンプ

月曜日から始まった修造チャレンジトップジュニアキャンプ!

今年最後のキャンプは毎年恒例のボブによる強化合宿です。

IMG_9169.JPG

最初の3日間は12歳~14歳のジュニア16名。

IMG_9165.JPG

後半3日間は14歳以上のジュニア12名+前半のジュニアの中から4名の

ジュニアが選ばれ、16名で明日の最終日まで続きます。

IMG_9166.JPGIMG_9171.JPG

余談ですが…

ボブと一緒に朝ご飯を食べに駅の近くのガストへ行く途中…

ふと気づくといろんな人の目線が気になる。

さすがにこの格好で朝のラッシュ時に込み合う駅周辺にいたら、僕じゃなくても

目立って見ちゃいますよね~(- - ;

ちなみに修造チャレンジオリジナル最新ウエアです。

IMG_9180.JPGIMG_9185.JPG

しかも背中に自分名前がっ!

IMG_9184.JPG

いや、自分らしく堂々と歩けばいいんです!

だから・・・

通勤の人たちで行きかう駅で「自分らしく堂々とできないあなたに」の動画撮影してみました。

近日公開!お楽しみに。

ジュニアキャンプも明日がラストDAY。

ボブとともに頑張ります!

デ杯 ワールドグループプレーオフ 第1日目

デ杯ワールドグループ残留をかけて、日本対ウクライナの戦い

(9月16日~18日)が大阪の靭テニスセンターで始まった。

30度を超える蒸し暑い中での熱い戦い。WOWOW解説させていただいた。

IMG_9057.JPG

 

第1日目 シングルス2試合

[第一試合] ダニエル太郎   7-6,7-6,6-1  S.スタホフスキー

IMG_9059.JPG

この試合は、太郎のしつこさと、そして希望が見えた試合だった。

相手は、ウインブルドンであのフェデラーも破っている強豪。

最初のタイブレークは完全に相手のペースにあったが、太郎のどんな時もボールを

返すしつこさに相手のミスがでて流れが太郎に。

そしてセカンドセットからは攻撃太郎に!

最後のテニスは、間違いなく世界のトップ選手と渡り合っても勝負できるサーブ、そ

してグランドストロークで日本に大事な一勝をささげてくれた。

太郎は強い!圭に続ける!そんな希望を皆が感じた内容だった。

 

太郎は、ダニエル太郎! エイブル太郎!ありがとう!おめでとう!

 

[第二試合] 西岡良仁 6-4,5-7,6-4,7-5  I.マルチェンコ

IMG_9063.JPG

良仁は、僕がこれまでのジュニア合宿で最も厳しく接してきた選手。

負けず嫌いが良仁が日本の力に貢献してくれた!

相手は、全米オープンで優勝したワウリンカに4回戦でセットを奪うほど調子の

よかったマルチェンコ。

まるでプロレスラーなみの体系で、パワーでどんどん押しまくる。

良仁は、サウスポーをうまく利用し、緩急を付けながら自分のペースに。

4セット、2-5、セットポイントを奪われながらも、完全に良仁ゾーンに入った。

靭テニスセンターに集結した日本応援団は感じたはずだ。

こんなすごいテニスをする日本人が錦織圭選手以外にいたんだ!って。

大声で叫ぶ圭の応援を受け、良仁は今日の試合で大きな自信をもぎ取った。

ひとまりもじゅうまわりも成長した良仁を感じた試合でした。

良仁 おめでとう!ありがとう!

 

初日、0勝2敗でもおかしくなかった2試合。

見事、錦織圭選手がいない中での2勝スタート。

圭だけでない日本チームがいました。

明日の錦織&杉田ペアのダブルスは乗りに乗ってどこまでも日本の波に乗っ

ていけ!

世界ランキング100位以内の4人が集結。

日本テニスはより世界に近づいた。

 

IMG_9064.JPG

さあ、あと一勝でワールドグループ返り咲き!

日本テニスを応援しよう!日本テニスを支えよう!日本テニスを信じよう!

 

日本テニスを愛している  松岡修造

 

 

 

 

クサくないタクシーが選べる「ファブタク」知ってますか?

タク造の方いますか!(普段からタクシーを使用される方)

 

タクシーにとんでもないマークを見たことありませんか?

8月末から期間限定で始まった「ファブタク」 ヒュッヒュー♪

ファブタク.jpg5.JPG

「ファブタク」とは「ファブリーズ クルマ イージークリップ」を付けて走っている

タクシーのこと。イージークリップがついているので、車内が快適空間となり

気持ちよく移動できるんですよ。

「全国タクシー」アプリで「ファブタク」を選ぶこともできるし、電話でタクシー

呼ぶときに「ファブタク」を指定することもできるんです。

994902430374163_common.jpg1.JPG

9月29日まで全国で1万3,500台走ってますので、タクシーが必要な時は

是非乗ってみてくださいね!

 

<ファブタク詳細>

https://www.myrepi.com/tag/myrepi-febreze-febtaxi

2.JPG3.JPG

ファブ造より

全米オープンテニス2016終了

2016年の最後のグランドスラムである全米オープンテニスが幕を閉じました。

 

最終日男子決勝でグランドスラムを制したのは準決勝で圭に勝利し、決勝に

進んだスタン・ワウレンカ選手でした。

 

スタン・ワウリンカ(SUI) 6-7,6-4,7-5,6-3 ノバク・ジョコビッチ(SRB)

IMG_9029.JPG

どんな場面で動じず、自分のテニスをしっかりと貫いたワウリンカは、本当に

強かった!

この大会で改めて感じたのは、「可能性」!

圭の今大会の戦い方はグランドスラム制覇する日は必ずやってくるという可能性を

強く感じさせてくれる大会だった。メンタルが本当に強くなった!

 

昨年はこのセンターコートで優勝者ジョコビッチのインタビューを、そして今年は

ワウリンカのインタビューをさせてもらったが、インタビューをしながら、近い将来

このセンターコートで優勝カップをもった錦織圭のインタビューをしている自分の姿を

想像してしまいました・・・それだけで感極まる…

IMG_9034.JPG

この優勝カップを掲げる圭の姿を想像しながら、日本に帰ります。

IMG_9031.JPG

IMG_9024.JPG

WOWOWをご覧になってくださった皆さん、ありがとうございました!

そしてWOWOWでご一緒したみなさん、お世話になりました。

IMG_9030.JPG

今大会のトーナメントディレクター。彼は、僕が一番最初にプロの試合に出場したフロリダ

サテライト(5週間にわたって行われる一番下部のトーナメント)のディレクターをしていた。

場所が移るたび、彼の車に乗せてもらったことを思い出す。

全米を仕切る彼の姿をみて、僕自身も幸せな気持ちになりました。

 

錦織圭選手の全米オープンが終わりました。

錦織圭選手の全米オープンが終わりました。

 

僕の正直な気持ち言わせていただきます。

 

悔しい。

あと一歩。

グランドスラム制覇の扉はそこにあった・・・

IMG_8998.JPG

 

解説をしていたので、どこがキーポイントだったのか?

僕の中にはっきりと圭に必要なことがみえた大会。

ただ言い出したらきりがなく、また、たられば、そしてだいぶ奥の深い内容になって

しまうので、ここではまず、圭に心からの感謝を伝えたい。

圭はものすごく頑張った、僕が思っている以上に圭はタフだということ。

そして、グランドスラム優勝「できる!」ということを再確認させてくれた大会でした。

IMG_9004.JPG

マイケル・チャン、ご両親を含め、チーム圭の皆様に心からお疲れさま、そしてあり

がとうと言わせてください。

そして来週から大阪でのデ杯、応援解説させていただきます。

 

<Junior Boy's Singles Semifinal> 

綿貫陽介 1-6,4-6 Miomir Kecmanovic(SRB)

IMG_8983.JPGIMG_8985.JPG

 

<Junior Boy's Doubles Semifinal>

堀江亨&清水悠太 6-3,4-6,9-11 F.A Aliassime & B.Sigouin(CAN)

IMG_8975.JPGIMG_8973.JPG

 

男子ジュニア、シングルス&ダブルスともに残念。ベスト4で決勝進出ならず。

堀江と清水はシングルスで悔しい思いをした分、ダブルスでトップシードを次々と

撃破してベスト4まで進みました。このファイトをまた次に生かしてほしいですね。

IMG_9010.JPG左から清水悠太・堀江亨・岩本コーチ

 

シングルスの陽介は…小さいころから見ているのであえて厳しいことを言います。

もっともっとタフになれ!

トレーニングして強くなれ!

そして圭が切り開いてきた道を歩んでいけ!

僕は陽介のテニスはいままでの日本人とは違い、しなりからくるパワー

のあるテニスをしています。だから、陽介のテニスはきっと世界に通用

すると僕は信じています。

IMG_8838.JPG綿貫陽介

 

今日ですべての日本勢がいなくなった全米オープン。

 

明日の男子決勝はジョコビッチ vs ワウリンカ

個人的にはワウリンカが勝つと思っています。

圭の準決勝のテニスをすればジョコビッチはかなわない。ただ、ジョコビッチは、どんな

手段をとっても勝ちに来る。

どこがキーポイントになるのか、世界最高峰の戦いをしっかりと解説したいと思います。

僕の唯一の得意分野テニスなので、本気解説させていただきます!

 

圭、ありがとう!

本当にありがとう!

そしてより強くなれ!  

 

WOWOW 修造

男子ジュニア シングルス&ダブルス頑張ってます!

USオープンテニス、錦織圭選手の活躍で沸いていると思いますが、

ジュニア男子も頑張っています。

Junior Boy's Singles Round3 

綿貫陽介 6-7,6-2,6-2 Sebastian Korda(USA)

IMG_8961.JPG

セバスチャン・コルダ選手のお父さんは全豪チャンピオン、そして95年の全米

オープンで僕が痙攣してコートに倒れこんだ映像を皆さん知ってますか?

そう、彼のお父さんは僕を有名にしてくれた、あのピーター・コルダ選手なん

です。

娘はプロゴルファーになっており、息子もとんでもない素質の持ち主。

まだ16歳。必ず、お父さんの道をたどっていく選手です。

IMG_8962.JPG

陽介は、タイブレークで取られた後、よく気持ちを崩さず乗り切りました。

いよいよ準々決勝、先輩の圭のタフさを学んで、戦って欲しいです!

 

Junior Boy's Doubles QF

Toru Horie/Yuta Shimizu 6-3,2-6,10-2 Sean Sculley/Nick Stachowiak

堀江はシングルス1回戦敗退、清水はシングルス2回戦敗退と悔しい思いを

しましたが、ダブルスでベスト4進出!

 

明日は圭の試合、陽介の試合、堀江&清水のダブルスと大切な試合が

ありますが、みんなベストを尽くして頑張ってほしい!

今日こそしっかり寝るぞ!

 

おやすみ 修造より

 

準決勝 ワウリンカ戦に向けて

全米オープン準決勝、錦織圭選手(日本)が、今大会第3シードで全豪、全仏オープン

覇者スタン・ワウレンカ選手(スイス)と対戦する。

 

対戦成績は圭から2勝3敗。

 

圭はリオオリンピック金メダリストのマレーを、そしてワウリンカは銀メダリストの

デルポトロを破っての準決勝対決。

世界が見つめる世界最高峰のストローク強打バトルなる。

ワウリンカ.JPG

 

では、錦織選手は、ワウリンカに勝つために、決勝に行くためには何が必要なのか?

それは…

260ab9279ce8449d8f1aa3334ac046cc.jpg

的を絞れ!絞らせるな!

 

これに尽きると思います。

 

ワウリンカの武器それは…

世界一の片手バックハンド

wowr1604bki.jpg

ストレート、クロスともに戦車(とにかく体が大きい、分厚い)から放たれる強烈なショット

炸裂すると、誰も手が付けられなくなる。

だからこそ、的(まと)を絞らせてはいけない。

そのためには…

 

しっかりと構え、余裕を持たせて打たせないようにする

 

戦法1

相手をいつも動かし、ターゲットを作らせるな!

前後左右に、圭はいつもワウリンカを動かして、狙いを定めさせないようにする。そうす

と段々バランスが崩れ、体力も消耗し、気の短いワウリンカは徐々にイライラし始め、

無理にエースを奪いにくる。しっかりと的が定まっていないうちからエースを取りに来る。

そうなったら、圭のパターン。

 

戦法2

コートのど真ん中にボールを集め、角度をつけさせるな、的を作らせるな!

テニスコートの真ん中は一瞬ミスショットに思えるが、スピード、パワーが増した近代テ

ニスでは、大事な選択のひとつ。真ん中に深いボールを集めることができれば、そこか

ら角度をつくことが厳しくなり、エースを奪う的(まと)がなくなる。

真ん中からラインを狙えば狙うほど、ボール1つ、2つのミスを誘うことができる。ワウリ

ンカのミスをした時のイライラが想像できる。

 

ただ、バズーカーワウリンカショット(重くて速いショット)に対し、しっかりと相手を動かし、

して真ん中にボールを的確に打つことは、容易ではない。

 

そのためにも、圭に必要なのは…

 

的を絞れ!

圭がマレーに勝った最大のポイントは、圭自身が言っていた「集中力」。何が起きても動

ない心だ。マレー戦、いろいろなハプニングがあったが一切気にせず集中していた圭。

「集中しすぎて声援、ポイント中の爆音、マレーの独り叫び、気になりませんでした」と言

ていた。

ワウリンカ戦も自分がしなければならないことに的(まと)を絞り、集中して戦って欲しい。

2年ぶりの決勝とか、余計なことを気にせず、目の前のことに的を絞って戦って欲しい。

IMG_8933.JPG

あ~~~~~~~~明日の決勝に向け、興奮がおさまらない自分。眠れない…

ということで、錦織選手でおみくじ、「けいちゃん」を引いてみた。

 

よし、大吉だ!(必ず大吉。30種ある)

太陽大吉だ!

まさに太陽圭❗
太陽はいつも輝いているわけではない。沈むときがある。ただ、沈んでいる時も落ち込

でいるのではなく、次に輝くために太陽は充電しているのだ。

圭も2年前の全米オープン準優勝から沢山のことを経験し充電してきた。まさに今こそ

の大好きな全米オープンで圭らしく輝くときだ!


今日は、1時間みっちりと練習で汗を流した圭。準決勝、太陽になるためにも、ゆっくり

んで充電してください。

現地9月9日金曜日、センターコート第3試合、WOWOWで放送します。

(日本時間は9月10日土曜日の明け方かな?)

僕も、WOWOWで太陽解説するために、いったん沈みます (- -)zzz....zzz...zzz???!

 

…やはり眠れない(- - ;

日が変わってしまったので、またおみくじ引いてみた。

おっ、今度は 富士山大吉

IMG_8960.JPG

富士山は自分一人で美しくなったんじゃない、日本一になったんじゃないんだ。

周りから美しいなぁ、素晴らしいなぁって、みんなの思いを力に変えて、美しくなった

んだ。

そうだ圭!オリンピックを思い出せ。みんなの応援の力を感じたメダル。

yjimage.jpg

圭はまさに日本一の富士山、いや世界一の 富士山圭だ! 

思い切り太陽になれ。

 

沈まぬ修造より

yjimage (1).jpg

あのマレーを撃破!!!

勝ったぁ~、やったぁ~!!!!!

ウインブルドン優勝、オリンピック金メダル、いま最強と言われているあのアンディ・マレー

勝ったのだ!

IMG_8899.JPG

 

<準々決勝> 錦織圭 1‐6,64,46,61,75 アンディ・マレー

 

この興奮、抑えきれないでいます。

WOWOWでこの試合を解説させてもらったが、センターコートで最後まで諦めずに自分と

戦っている姿を見ていて、最後のゲームはジュニアの頃のあの小さな圭の姿と重なって涙

が止まらなかった。マッチポイントは音を消し、解説ブースで泣き崩れてしまいました。

IMG_8916.JPGIMG_8918.JPG

 

まずは、マレーのタフさ、そしてプレーヤーとして感謝したい。

何があっても諦めず、圭の完ぺきなテニスを前にしても、「Come On!」「Let’s Go!」と自分を

い立たせてプレーするマレー。マレーのガッツが圭を強くしてくれたと思う。

 

そんなタフなマレーに対し、圭はどうやって勝ったのか。

僕は昨日のコラムに「マレー戦に向けての3つのポイント」あげた。

サービスエースを狙うな! 

ど~んと来いっ、マレーのファーストサーブ!

死に物狂いラリー

これができれば勝てる、本来の圭のテニスが戻ってくると!

 

ただ・・・

第1セット1-6,2-3まではオリンピックの時と同じ展開。このまま焦って終わってしまうのか、

戦わずして終わってしまうのかっ!そんな雰囲気が漂っていました。

 

1-6,2-3完全に追い込まれた圭。

ここで圭は苦しい選択をした!

ここから圭は、この3つのポイントすべてをこなし始めたのだ。僕はこの試合の絶対条件と

して、「無理をしてはいけない」、「早くポイントを奪おうとしてはいけない」と解説で言った。

そう、圭は自分の本当のテニスを抑え、我慢しながら苦しみながらプレーした。

それを何度も継続していくうちにリズムができて、今度は強打をし始める。

そう、まさにゾーン圭になれたのだ。2年前の全米の圭に出会うことができたのです!

第2セットを奪うと、そこからは、シーソーゲーム。

どちらが勝ってもおかしくない試合だった。

IMG_8902.JPG

 

死闘を制した圭

とにかくすごいのは、僕らは優勝したかのような歓喜に沸く中、圭自身は話していてもすごく落

ち着いていた。疲れていたのもあるが、「次がある」という雰囲気だった。

勝った時も抑え気味のガッツポーズ、(コーチのマイケルは100倍ガッツポーズ)誰よりも冷静

次の準決勝を見据えている。

 

書きたいことが山ほどありますが、読んでいただくのも大変なのでここで筆をおきます。

圭も試合後、疲れ果て、記者会見、またインタビューに来てくれた時もあくびばかりしていた。

僕も違う意味でだしきり解説、あくびを共有した。

IMG_8935.JPG

 

準決勝に備えます。

 

最後に…

全米が始まる前に記者からマレーやジョコビッチと戦うとき、どんな思いで戦うか?という質問

に、「向かっていかないといけない。守って勝てる相手ではない。攻めるという意味ではより強

い気持ちをもたなければいけない。自分を信じることだったり、メンタルを強く持ってとにかく切

りかかっていきたい!宮本武蔵のように」と答えた。

 

そう、今日の圭はまさに・・・

宮本武蔵・圭!

18341_original.jpg

試合後、WOWOWのスタジオに来てくれた圭。

今日の戦いはまさに宮本武蔵だったね、と言ったら、「はい。強い気持ちで切りかかりました!

境に立たされても自分を信じて戦いました!」と笑顔で答えてくれた。

圭の戦いはまだ終わったわけではない。

僕は浮ついている気持ちを抑え、明後日の準決勝でもう一度、戦う圭を解説したい。

まさに「侍・圭」を!

 

 

 

準々決勝マレー戦に向けて

リオデジャネイロオリンピックが終わり、完全に燃え尽き症候群に陥っていた自分…

でも、熱い血を蘇らせてくれたのが、全米オープンテニス錦織圭選手の活躍だ!

グランドスラムでは今年の全豪以来、3大会ぶりのベスト8(準々決勝)進出を決め

くれた。

 

4回戦の相手は身長211cmのイボ・カルロビッチ選手(クロアチア)

これまでのサービスエース本数1万本以上。

今大会1回戦でのサービスエースはなんと61本、これは15ゲーム分ですから

凄いとしか言いようがない。

靴のサイズ35㎝

ちなみに・・・ミズノウエア&ミズノシューズがオレンジ色のにくい奴!

(知ってる人は知っている)

IMG_8873.JPG

ファーストサーブはスカイツリーサーブ。

スカイツリー.jpg

セカンドサーブは東京タワーサーブ

東京タワー.jpg

そんな世界1サーバーに対して、圭は完璧なテニスで勝利を掴んだ。

kei ATP Photo.JPG

 そして、次に待ち構えるのは世界最強テニス、リオデジャネイロオリンピック金メダリスト

となったアンディ・マレー選手(英国)との戦いだ。

 

どうしても勝って欲しいし、僕はチャンスがあると思っている。 

では、どうすればいいのか。

 

オリンピック力(りょく)

 

★圭はリオデジャネイロオリンピックで、準決勝でマレーに敗れている。

昨日、カルロビッチ戦の後、圭にインタビューすることができた。

圭は 「オリンピックの準決勝マレー戦は、自分は逃げてしまった。戦えていなかった…」

と話してくれた。圭はそんな試合をした自分に大きな悔しさを感じていたのだ。

FullSizeRender.jpg

 

★3位決定戦でナダルに勝った。

通常のテニスであれば、ここで負ければベスト4入りということで、次の試合に向けての

準備に入るところだが、オリンピックは違う。銅メダルをかけて、再び心に闘志を燃やし、

戦わなければならない。その心の整理をつけるのが難しかったといっていた圭。

そんな中で、ナダル戦の勝利によって大きな自信を手に入れることができた!

IMG_8419.JPG 

悔しさという力と、自信という力がまさにオリンピック力!

このオリンピック力で、マレーと戦う圭。

 

 圭は言ってくれた。「マレーと戦う覚悟ができている!」

それだけ心・技・体、すべてが整っている圭なのだ。

IMG_8855.JPG

では、戦略的に必要なのは何なのか。

ここで僕から3つ挙げさせていただこう。

これができたら絶対に圭が勝つっ!・・・と僕は思っている。

 

★サービスエースを狙うな! 

オリンピックでのマレー戦、ファーストサーブがほとんど入らなかった圭。セカンドサーブ

からどんどん攻められストロークのリズムが取れず、完全に試合中に自信を失ってしま

った。今大会も正直、ファーストサーブの確率は50パーセントに満たない試合もあり、い

いとは言えない。

だからこそ、サービスエースを取りにいかない。最低ファーストサーブ確率65パーセント

以上が必要だ。マレーに対して、サーブだけでポイントを奪いたくなる気持ちになるが、

あえて我慢してストロークでポイントを奪いに行く。それしかない!

 

★ど~んと来いっ、マレーのファーストサーブ!

オリンピック、マレーのファーストサーブが凄かった。「何もできなかった」と言っていた圭。

でも大丈夫。なぜなら、圭は4回戦で世界一サーバーであるカルロビッチのサーブを受け

ている。そして、最高のリターンが出来ていた。

カルロビッチのサーブを受けていれば、マレーのサーブはゆっくり感じるんじゃないのか?

と聞いたら圭自身も「そう思います、焦らずしっかりと対応したい」と答えてくれた。

圭カルロビッチ4.JPG

 

★死に物狂いラリー

これは圭にも伝えたが、この試合に勝つためにはここが一番のポイントになる。

マレーは世界一しつこいタフなストロークの持ち主だ。そのマレーに対し、ポイントを奪うに

は長いラリーの中、しぶとく、しかも攻撃的にプレイしなければならない。

1ポイント奪う度に「こんなにポイントを取るのが苦しいのか…」、「これ以上は気持も体力

も持たないっ…」、そんな思いになるはずだ。

そこで圭がプッシュできるかどうかにかかってくる!死に物狂いでタフなポイントを継続し

ているうちにやってくる。急に体が軽くなり、自然にポイントが奪えるようになる。そして今

度は相手の戦意が急に薄れてくるのだ。この感覚は、圭も2年前の全米オープン準決勝、

対ジョコビッチ戦で得た感じた感覚だ。

 

圭、いまこそ戦う時だ!

圭のユニクロウエアのトンボ模様の意味、知ってますか?

tonbo.jpg

素早く飛び、前進し続けるトンボの姿をみて、当時の戦国武将たちは勝ち虫と呼んでいて、鎧など

に縁起の良い勝ち虫として、トンボの羽をモチーフしたものを好んでつけていたそうです。

 

だからこそっ、

トンボ圭、みんな圭を信じてる!

圭も自分のテニスを信じて前進し続けろ!

 IMG_8871.JPG

 

みんな、マレーvs圭 WOWOWでWOWOWしよう!

US Open Tennis Day8 圭がベスト8入り!

今日は朝から綺麗な秋晴れの空のニューヨーク!

日差しは強いものの、心地よい風が吹き荒れる、そんな月曜日に行われた試合、

圭vsカルロビッチ!

圭カルロビッチ.JPG

ビッグサーバーで皆さんもよくご存じだと思いますが、今年の彼はサーブだけでなく、

すべてにおいて調子がよく成績もいい…ということで、試合前からタフな試合になる

だろうという予想をしていました。

圭カルロ美地3.JPG

でも、今日の圭のプレーは完ぺきに近かった!

危ないところもあったけど、なにより自分のテニスができていたであろう、久しぶりに

気持よく楽しくテニスをしていたように見えました。

見事な勝利でした!

ちなみに、このLouis Armstrong Stadiumは取り壊されて新しいスタジアムが作られ

るようで、この歴史あるスタジアムのシングルス最後の勝者がKei Nishikoriなんだ

そうですよ。

圭ガッツポーズ.JPG

 

ジュニアの選手の試合結果もお知らせしておきますね。

日本人ジュニア選手は実は世界からの評価も高いんですよ。

Junior Boy's Singles 1回戦

JR綿貫.JPGIMG_8838.JPG

Yusuke Watanuki(JPN) 6-2,6-3 Trent Bryde(USA)

JR菊池.JPG

Yuta.Kikuchi(JPN) 6-7,5-7 Patrick Kypson(USA)

 

今日からWOWOW解説!

IMG_8821.JPG

やってきましたFlishing Meadoes !!

新しくGrandstandができていたり、観客席が新しく作られたコートがあったりと

ますます充実したUSオープンテニス。

今日からWOWOW解説に加わらせていただきました!

IMG_8811.JPG

 

2週目はジュニアの大会も始まるので、僕としてはそれも楽しみの1つ。

ジュニア1回戦清水2.JPG

Junior Boy's Singles 1回戦

Yuta.Shimizu(JPN) 6-3,6-2 Vasil Kirkov(USA)

 

ジュニア1回戦堀江.JPG

Junior Boy's Singles 1回戦

Toru.Horie(JPN) 7-6,3-6,4-6 Miomir Kecmanovic(SRB)

 

明日は錦織圭選手4回戦の解説をします!

相手はあのカルロビッチ。

サーブだけの選手だと思われがちですが、彼は今、人生で一番いいテニスをしていると

いっていいほど、サービスだけでなく、すべてにおいて調子がいいです。

そんなカルロビッチを相手に、圭がどんなテニスをしてくるのか、しっかりとみなさんに

伝えたいと思います!

 

修造の「思い出メダル日記」

リオデジャネイロオリンピックが終わってしまい、心にポッカリと穴が空いてしまったような、

そんな日々を過ごしていましたが、心に再びが灯りました!

そうです!

リオ五輪で日本テニス界に銅メダルをもたらしてくれた圭が、USオープンで優勝目指して

頑張っています。 僕もWOWOW解説で4日から参戦しますが、その前に・・・

リオ五輪でメダルという勇気と元気を届けてくれた選手たちに「心からありがとう!」という

思いを込めて、修造の「思い出メダル日記」をアップしてからニューヨークに旅立とうと思います!

 

8月6日(土)

初日から、いきなりのメダルラッシュ!

三宅宏美銅メダル.JPG

女子ウエイトリフティング48kg級

三宅宏美選手銅メダルありがとう!

 

競泳男子400m個人メドレー

萩野公介選手素晴らしい金メダル!

瀬戸大也選手よく踏ん張った銅メダルおめでとう!

☆筆文字メッセージボード撮影できずにごめんなさい。

 

男子柔道60㎏級 高直寿選手銅メダルおめでとう!

女子柔道48㎏級 近藤亜美選手銅メダルおめでとう!

☆筆文字メッセージボード撮影できずにごめんなさい。

 

8月7日(日)

えび。おおの.JPG

男子柔道66㎏級 海老沼匡選手銅メダルおめでとう!

女子柔道52㎏級 中村美里選手銅メダルおめでとう!

 

8月8日(月)

体操団体金.JPGのサムネイル画像体操団体金メダル.JPG体操ニッポンありがとう.JPG

男子体操団体 

内村航平選手/加藤凌平選手/山室光史選手/田中佑典選手/白井健三選手

伝わった金メダル、おめでとう!

 

大野さん松本さん.JPG

男子柔道73㎏級 大野将平選手、強すぎた金メダルおめでとう!

女子柔道57㎏級 松本薫選手、出し切った銅メダルおめでとう!

 

8月9日(火)

坂井.JPG競泳坂井銀メダル.JPG

競泳男子200mバタフライ 坂井聖人選手興奮の銀メダルおめでとう!

 

競泳男子リレー.JPGIMG_8024.JPG

競泳男子4×200mリレー つなぐ心で勝ち取った銅メダルおめでとう!

江原騎士選手/小堀勇気選手/萩野公介選手/松田丈志選手

 

羽田永瀬.JPG

カナディアンシングカヌースラローム男子

羽根田卓也選手、耐えた、掴んだ!銅メダルおめでとう!

柔道男子81㎏級 永瀬貴規選手、お母様と掴んだ銅メダルおめでとう!

 

8月10日(水)

体操男子個人総合 

内村航平選手、大逆転のみごとな金メダル2連覇ありがとう!

☆筆文字メッセージボード撮影できずにごめんなさい。

 

ベイカー.JPGIMG_8183.JPG

柔道男子90㎏級 ベイカー茉秋選手、夢がかなった金メダルおめでとう!

柔道女子70㎏級 田知本遥選手、姉妹でとった金メダルおめでとう!

 

競泳女子200mバラフライ 星奈津美選手、銅メダルおめでとう!

☆筆文字メッセージボード撮影できずにごめんなさい。

 

 

8月11日(木)

kaneto.JPGhagino kaneto.JPG

競泳女子200m平泳ぎ 金藤理絵選手 素晴らしい、金メダル!

競泳男子200m個人メドレー 萩野公介選手 銀メダルおめでとう!

 

卓球男子シングルス 水谷隼選手 自分に打ち勝った銅メダル、おめでとう!

☆筆文字メッセージボード撮影できずにごめんなさい。

 

羽賀龍之介銅メダル.JPG

柔道男子100㎏級 羽賀龍之介選手 銅メダルおめでとう!

 

8月12日(金)

原沢.JPG

柔道男子100㎏超級 原沢久喜選手 銀メダル

柔道女子78㎏級 山部佳苗選手 銅メダル

 

8月14日(日)

男子レスリンググレコローマン59㎏級 太田忍選手メダルつないだ銀メダル、おめでとう!

☆筆文字メッセージボード撮影できずにごめんなさい。

 

 

kei.JPGIMG_8423.JPGIMG_8362.JPG

テニス男子シングルス 錦織圭選手 銅メダルありがとう!

 

8月15日(月)

白井.JPG

体操男子種目別跳馬 白井健三選手 勇気で攻めた銅メダル、おめでとう!

 

8月16日(火)

卓球女子届け勇気.JPGのサムネイル画像女子卓球団体.JPG

卓球女子団体 お母さんに感謝、おめでとう銅メダル!

福原愛選手/石川佳純選手/伊藤美誠選手

 

シンクロ銅メダル.JPG

シンクロナイズドスイミングデュエット 乾友紀子選手/三井梨紗子選手 

復活シンクロ、銅メダルおめでとう!

 

8月17日(水)

レスリングトリプル金2.JPG女子レスリング.JPG

見事トリプル金メダル、素晴らしすぎる、ありがとう!

レスリング女子フリースタイル48㎏級 登坂絵莉選手 金メダル

レスリング女子フリースタイル58㎏級 伊調馨選手 金メダル4連覇!

レスリング女子フリースタイル69㎏級 土性沙羅選手 金メダル

 

卓球男子.JPG

卓球男子団体 水谷隼選手/丹羽孝希選手/吉村真晴選手 銀メダルおめでとう!

 

8月18日(木)

バドミントン金.JPGバドミントンダブルス金.JPG

バドミントン女子ダブルス 高橋礼華選手/松友美佐紀選手 感動金メダルおめでとう!

 

川井金.JPG吉田沙保里.JPG吉田&川井.JPG

レスリング女子フリースタイル63㎏級 川井梨紗子選手、魔物いなかった金メダル!

レスリング女子フリースタイル53㎏級 吉田沙保里選手 銀メダルありがとう!

 

8月19日(金)

男子レスリング銀.JPG

レスリング男子フリースタイル57㎏級 樋口黎選手 銀メダルおめでとう!

 

400×リレー.JPG400×リレー2.JPG

陸上男子4×100mリレー 皆がエースの銀メダル、おめでとう!

飯塚翔太選手/山縣亮太選手/桐生祥秀選手/ケンブリッジ飛鳥選手

 

奥原2.JPG奥原.JPG

バドミントン女子シングルス 奥原希望選手 銅メダル

 

シンクロ銅.JPG

シンクロナイズドスイミング チーム 銅メダル

箱山愛香選手/林愛子選手/乾友紀子選手/丸茂圭衣選手/三井梨紗子選手/

中牧佳南選手/中村麻衣選手/小俣夏乃選手/吉田胡桃選手

 

新井選手.JPG新井選手銅メダル.JPG

陸上男子50㎞競歩 新井広宙選手 力強い1歩、銅メダルおめでとう!

 

IMG_8670.JPG

選手のみなさん、たくさんの勇気と希望をありがとうございました!

IMG_8738.JPG

4年後の東京オリンピックはすぐそこです。

わくわくの4年間…ですが、その前にUSオープン行ってきます!