修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

2017年1月のアーカイブ

全豪オープンテニスフェデラーvsナダル決勝!

男子は元王者同士の対戦、全豪オープンテニス2017男子決勝。

フェデラー.JPGナダル2.JPG

ロジャー・フェデラー 6-4,3-6,6-1,3-6,6-3  ラファエル・ナダル

僕は、夢の中にいるのではないか!まさにドリームテニス。

二人とも勝たせてあげたかった。

いや二人とも勝者だ!

二人ともヒーローだ!

間違いなく、僕が見たテニスで一番のエキサイティングな、そして記憶に残り続ける試合だ!

テニスを知っているものから言わせてもらいますと・・・

こんな興奮はないといっていいほど、興奮を超えた内容だった。

ただ単のテニス試合ではない。ラケットボールの格闘技であり、大親友同士、最強ライバル

のメンタルのバトルであった。

全体.JPG

決勝の二人は・・・

生ける伝説プレイヤー、ロジャー・フェデラーはやはり生ける貴公子だった。

心身共に最強のメンタルタフネス、闘牛ラファエル・ナダルはグラディエーターだった。

僕自身の想像をはるかに超えた、まさに激動テニス

フェデラー(6か月)、ナダルともに怪我のため試合から遠ざかっていた。

にもかかわらず、なんでこんなテニスができるんだろう・・・

こんな新鮮な、そして心が揺さぶられるテニスを久しぶりに見る事が出来た。現地に行け

なかった自分は、準決勝、決勝ともに死闘をみながら、二人が決めるたび、飛び上がり、

叫び、泣き、拍手を送っていた。

フェデラー2.JPGフェデラー3.JPG

元王者たちがまるでグランドスラム初出場のようなハングリーさ、そして戦えることへの

感謝の思いを出し切っている。テニスへの情熱 。テニスがしたくてたまらない、好きでた

まらない、戦いが楽しくてたまらない 最もテニスをするうえで大事なことを表現していた。

決勝戦、2セット目も3セット目も、いくらサーブをブレイクされようが決して諦めずにプレ

イする二人。人間の心、体の可能性というものを感じさせてくれた試合だった。

IMG_9848.JPGナダル&フェデラー.JPG

フェデラー歓喜2.JPG歓喜フェデラー.JPG

 

こんな歓喜なときに何なんですが…

小さな声で <修造の独り言>

どうしても、どうしても、どうしても…見ながら思ってしまうことがあった。

今大会は錦織圭選手のグランドスラムになるはずだったと・・・勝てたと・・・

 

IMG_9851.JPGのサムネイル画像IMG_9856.JPG

フェデラー、そしてナダルにより、テニスを今まで以上に好きにさせてくれたこと、また

学ばせていただいたことに対し感謝するとともに、錦織選手がこの決勝から何かを

一番感じ取っていると思っている  松岡修造

 

錦織選手にとって大チャンスだった全豪オープン。

この思いは、numberそしてテニスマガジンのコラムに記したいと思う!

ちなみにNHKは今から放送。まだ軌跡をみれるぞ!

 

ロジャー・フェデラーに惨敗!

日本の錦織圭選手がロジャー・フェデラーに惜敗!

 

錦織圭 7-6,4-6,1-6,6-4,3-6   ロジャー・フェデラー 3時間24分

 

これぞ究極テニス。

天才プレイヤー同士のテニス。僕は興奮のあまり、緊張のあまり、試合中、

手が凍り続けていた。

 

悔しすぎる、残念すぎる、悲しすぎる。

 

キーボードを打つ手がいまだ凍っている中、自分の心が爆発しそうだ!

ここからは、とにかく冷静になります・・・試合前に書いた対フェデラー戦の

コラムと比較しながら記していきます。

 

◆フェデラー威圧壁崩した。王者の前に、圭壁がそびえ立った!

第1ポイント目からすさまじいテニス、心理戦。

フェデラーは圭のタイミングを崩そうとリズムを早くしたり、ミラクルショットを

連発してきた。そして圭の早いタイミングを崩すかのように、セカンドサーブ

でサーブアンドボレー。フェデラーが現在持っているすべての引き出しを開

けてプレイしてきた。

圭は、その壁をものともせず、扉を開けるかのようになんなくと崩す。

圭自身が壁としてフェデラーを圧倒した。

完璧な圭のワンサイドになった第1セット5-1・・・

一度崩れたフェデラー壁が蘇ったのだ!

より攻撃的になった王者。より「キレ」が出てきた。

焦る、焦る、焦る圭。あっという間に追いつかれる。

そこで嵐のようにやってきた・・・

 

◆フェデラー観客壁

5-1でリードした中でセットを落とす=試合に敗れるのと同じ。

流れを戻すことはできない。

観客はほぼ全員がフェデラーサイドについた。

もう止めようがないくらいのギアがあがったフェデラーがいた。

 

ただタイブレーク。

圭がとった!圭が勢いを止めたのだ。メンタルが強くなった。

圭はタフになると昨年末僕に誓ってくれていたが、まさに・・・

圭はタフ圭だった!

しかし・・・

脳裏に潜むフェデラー壁がやってきた。

 

フェデラーは、最強だ。ここから変わってくるはず、もっとうまくなるはず。

圭自身が、フェデラーに対し、せっかく掴んだ流れを渡してしまったのだ。

 

その後、ファイナルゲームに持ち込むものの、ゲームの内容は、悔しいが

フェデラーのワンサイドであった。

獲得ポイント数もフェデラー163ポイント/圭136ポイント

 

まず、テニスプレイヤーとしていわせていただきたい。

 

フェデラー、あなたは最強です。

メンタルが最強です!

 

35歳。テニス愛によってすべてを支えているプレー。

圭が相手ではなければ、フェデラーを“神ってる!”と誉めたてていたはず。

本当に彼は歴代1位のテニスプレイヤーです。

おめでとう!

 

そして、あえて厳しいことを今回は錦織選手に伝えます。

グランドスラムを勝つためには、全てにおいてどうしても強くならなければいけない。

大事な場面でタフになりきれない心。

これは、普段の生活から律していかなければならないと思います。

 

圭は、世界一の負けず嫌いなはず。

この悔しさをしっかりと力にして全仏へ向かってください。

 

最後に、圭お疲れさま。ありがとう。

どんな時も、僕は圭を信じ続けます。

 

魂が抜けた  修造より

 

独り言…あのマレーが負けたんぞ!

苦手意識を持っていたジョコビッチが負けたんだぞ!

こんなチャンスはないんだぞ!

ここで勝たなかったらいつ勝つんだ!

 

すみません。圭が一番わかっていることですね。

今から絶対にマイナス言葉、そして「もしも」言葉なし!

いまを生きろ!

 

全豪オープンテニス2017 錦織圭ベスト16進出!

錦織圭選手、全豪オープンベスト16進出。

4回戦の相手は、生ける伝説プレイヤー、ロジャー・フェデラー!

世界中がもっとも注目している試合。

日曜日に行われるこの戦い。観戦するまえに鍵になること、錦織選手が勝つために

必要なことを簡潔に述べたいと思います。

n-46.jpg

この試合、冷静にみてお互いが持っている力を出し合い戦えば、間違いなく錦織圭

選手が勝ちます。疑いもありません。

怪我のため、長期に渡って休んでいたフェデラー。ここまで勝ち上がってきてるもの

の、圭の早い展開、そしてパワーテニスを前に、フェデラーは焦りミスが続出する。

では、テニス解説者松岡修造は圭の圧勝とみているのか?

 

残念ながら違います。

圭有利とはいえ、勝つためには乗り越えなければいけない壁があります。

その壁とは・・・

 

◆フェデラー威圧壁に惑わされるな!

トップ選手はみな、相手に対し威圧をかけてくる。特にフェデラーは相手の心を圧倒

していくのがうまい。

そこで圭に対し仕掛けてくるのが・・・

セカンドサーブリターン、忍者の動きに気を付けろ!

 

世界一の才能をもったフェデラー。彼の一番の武器はナチュラルさだ。
圭のセカンドサーブに対し、意図も簡単にリターンダッシュやボールの上がりっぱなを

叩いて攻めてくる。ナチュラルな動き、忍者のような素早さでネットついてくるだろう。

圭は、そこで焦ってはいけない。

フェデラーは、今、最強ではない。テニスの精度が全盛期と比べて落ちている。試合の

出足はよくても継続できない。そこを冷静に圭が気づけるかだ。怖いのは圭の心だ。

 

◆圭の脳裏に潜むフェデラー壁。コートでは尊敬するな!

圭が修造チャレンジ合宿に参加した時から憧れの選手はフェデラーであり、圭にとって

は神様のような存在だったと思う。その思いが圭の心にある。
フェデラーは凄い、自分より優れている。その思いが余儀ったら、この試合、最後はフェ

デラーが歓喜のガッツポーズをつくることになる。

コートの外では王者を尊敬しよう、でもコートでは敵だ。

コーチのマイケル・チャンが、以前、圭の指導をする前に対談で圭に対し「フェデラーを

コートの中で尊敬しすぎていた。自分の方が強いんだ!と心から思え!もっと気持ちを

強く持ち自信をもて!」と熱弁していたことを思い出す。

 

◆観客壁。観客はフェデラーにつく

テニス選手でもっとも人気のあるプレイヤーはロジャー・フェデラーだ。
そして、35才にして復活し、テニスを愛する彼のプレイを少しでも長く観たいと思うのも

テニスファンであれば当然だ。その周りの応援をフェデラーは活用する、力にする。

だから圭、孤独に耐えろ!

マイケルがいる、チームKEIがいる、そして僕ら日本の応援がついている!

この試合は、テニスの技術対決ではなく、メンタル対決だ。
まさに圭が昨年末僕に話してくれた、「テニスはメンタルが90%」。

圭、相手はフェデラーじゃない、自分自身だ!

グランドスラム制覇、待ち構える壁、打ち破ろう!

 

この試合、フェデラー壁を叩き続ける 修造より

1.jpgのサムネイル画像


 

ユニバーサル・クールジャパン2017!

「ユニバーサル・クールジャパン2017」オープニングセレモニーの

ためにユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました。

世界で人気のある日本発の“クール”な6つのエンターテインメント・

ブランドを一堂に集結させ、その世界をリアルに体感できるアトラ

クションなんです!

IMG_9739.JPG

太鼓の演奏とともに紋付き袴で入場させていただいたときは、

身の引き締まる思いでしたが…、11kgという重さの筆をもって

入場し、日の丸を書かせていただきました!

IMG_9746.JPG

このイベント前にアトラクション大変をさせてもらったのですが

現実では考えられない世界に入っていく感覚は衝撃でした!

えばん2.JPGIMG_9732.JPG

っというとで、僕からそれぞれのキャラクターに思いを伝えて

みました!

ダウンロード (1).jpg

■ゴジラ

★僕は、君を小さい頃から見続けてきた。ただ不安だったんだ。
沢山の巨大生物が現れてきたから。ただ今回君と戦ってわかった

んだ ゴジラやっぱり君は最強だ!

■エヴァンゲリオン
エブァ、僕は、お前の世界に入ってみたかったんだ!
でもそれは永遠に無理だと思っていた。

やったなシンジ!  を信じてよかった。

エヴァの世界が現実になった!

■進撃の巨人
巨人、はっきりいうぞ。
怖すぎだ!途中で逃げ出しそうになった。

でもひとはっきりとしたことがわかったんだ。

そうだ   巨人  僕らはお前たちの最高の餌だ!

■モンスターハンター

モンスター。君を狩ることが昔からの夢だった。

今回初めてUSJでモンスター狩り、モンスターハンターできたんだ!

モンスターよ、Dream  come true! 

夢を実現させてくれて、ありがとう!

■真田幸村

幸村、とんでもないことをしたな!やりすぎだぞ!
やりすぎると、人は、本気になる、熱くなる、燃えてくる。

大阪城が燃えている、僕らの心も燃えている!

■名探偵コナン

江戸川コナン、君は世界一の名探偵だ。
僕は、君とは一緒になれない、遠い存在だと思っていた。
でも今回、君がピンチの時、僕らが切り札になった。

今日から僕は、コナン修造だ!

FullSizeRender.jpg

まさに、日本を代表するクールたち。日本の誇り!

そして、僕らも彼らを感じることで日本の良さを感じよう。

僕も、彼らと一緒にクールの一員になれた記念すべき日となりました。

まさに夢のような一日。

これも周りの支えがあったからこそ実現できました。

昨夜1時過ぎまで、そして朝5時から、リハーサルや、ライド体験など、

僕の我儘を、一所懸命サポートしていただいたユニバーサルスタジオ

ジャパンのスタッフの皆さんに感謝です。

 

さあ、みんなもユニバーサルクールジャパンで、

日本を感じよう!熱くなろう!

1.jpg

ゴジラ修造

 

 

【C.C.レモン】受験生応援イベント

2017年1月10日(火)、Z会御茶ノ水教室で『C.C.レモン 受験生応援イベント」』が開催され、僕も特別講義をさせていただきました。

 

いよいよ受験を目前に控えた大事な時期に、貴重な時間を割いて集まってくれた受験生のみなさん、本当にありがとうございました!
 

1.jpg

2.jpg










イベントでは、受験生の悩み相談にも答えさせていただきましたが、受験前に、

「失敗したらどうしよう」「実力を出せなかったらどうしよう」って、

不安になるのは当たり前かもしれません。

それは、今まで一所懸命受験勉強をしてきたからこそ、本気だからこそ、わいてくる感情だし、

失敗してもいいやと思ってる人は不安になったりしませんから。

ただ、自分がどれだけ頑張ってきたかを一番分かっているのは自分しかいない。

だからこそ、最後は自分自身を信じ切ってほしいですね。

 

3.jpg

5.jpg











人生でこんなに一所懸命やる、本気になれる機会って、そんなに多くないと思うので、

苦しみながらも自分の限界を超えたその先に出会える成長した自分を楽しみにしてください。

そんな受験生のみなさんの笑顔はキラキラしていて、僕の方が勇気・元気を一杯いただきました!

本当にありがとうございました!!

 

受験本番まで泣いても笑っても、あとほんの少しです。

後悔のないように自分を信じて出し切ってください!

僕も本気で応援しています!!


4.jpg6.jpg












 

テニス2017年が始まった!

錦織圭選手が、年始から日本に元気を与えてくれてました。

 

Brisbane国際大会準優勝!

ありがとうございます。

 

この数年、年始の大会でなかなか結果を残すことができなかった錦織選手にとって

素晴らしいスタートを切ることができました。

 

決勝        G.ディミトロフ 6-2,2-6,6-3  錦織圭

優勝.JPGのサムネイル画像圭.JPGのサムネイル画像

 

準決勝     錦織圭 7‐6,6‐3 S.ワウリンカ

IMG_9686.JPGワウリンカ.JPGのサムネイル画像

 

準々決勝 錦織圭 6‐1,6‐1 J.トンプソン

トンプソン.JPG

 

2回戦    錦織圭 4‐6,6‐4,6‐3 J.ドナルドソン

ドナルドソン.JPG

 

1回戦    BYE

 

昨年末に、錦織選手に2017年に懸ける思いを聞いていました。

グランドスラム優勝するために必要なことは・・・

タフになること! by Kei

まさに、タフになることこそが夢をつかむための条件なんです。

 

今大会の圭は…

メンタルがタフになった時が多かった!

初戦から危ない試合もあったが、タフにしのいでいった。

 

圭はタフだった!

ワウリンカが準決勝敗戦後に語ってくれた言葉だ。これ以上の誉め言葉はない。

ワウリンカ自身もプレイに関して自信をもっていた。

タイブレークなど大事な場面でテニスだけではなくメンタルで圭に押されたから

こその言葉。

 

年末のマイケル・チャン合宿がタフだった!

約1か月という、試合から離れた中での初戦はトップ選手にとってもギアをあげる

のは困難。そんな中、Brisbane(ラオニッチを含めシード勢が勝っている)、そして

ドーハ(マレー、ジョコビッチ決勝)皆が良い結果、良いテニスをしている。その中で

結果を残せているのは、年末のマイケル・チャンとの強化合宿が、

タフだった、厳しい事をしてきた証拠だ!

 

オフの活動がタフだった!

年末年始。どこを見ても錦織圭祭り!

本当にいろいろなテレビ、そしてスポンサーCM撮影などで多忙だったオフ。

はっきり言って、これほどテレビに出た選手はいないだろう

(因みに僕は年末年始のTV出演ゼロ・・・)

分刻みでの出演。ただ、圭はそれさえも自分の力に変えていたのだと思う。

これも才能の1つ。プロフェッショナルとして必要な事である。

とんねるず.jpg嵐にしやがれ.JPGグッドスポーツ.jpg

炎の体育会TV.jpg世界力.jpg

 

さあ、全豪オープンがやってくる。

準優勝で終わった初戦でしたが、いい形で迎えられる最初のグランドスラム大会。

錦織選手は、どんなプレイで、どんな思いで戦っていくのか!

 

今日の決勝の模様も含め、9日月曜日の報道ステーションで「錦織圭2017」企画を

お伝えします!

 

タフになった圭!

全豪で爆発しろ!

タフ圭!

PS:僕の恩師、ボブ・ブレッドさんが年始からナショナルテニスセンターにて、ジュニア合宿を

行ってくれています。朝6時半から皆、熱く燃えています!

 

左から、全日本テニス覇者の綿貫陽介、ボブ、プロになった福田創楽

DSC_0082.JPGのサムネイル画像

僕も年明けからジュニアに混ざってテニス練習中(なぜか笑顔…)

DSC_0083.JPG

松岡修造