修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

全豪オープンテニス2017 錦織圭ベスト16進出!

錦織圭選手、全豪オープンベスト16進出。

4回戦の相手は、生ける伝説プレイヤー、ロジャー・フェデラー!

世界中がもっとも注目している試合。

日曜日に行われるこの戦い。観戦するまえに鍵になること、錦織選手が勝つために

必要なことを簡潔に述べたいと思います。

n-46.jpg

この試合、冷静にみてお互いが持っている力を出し合い戦えば、間違いなく錦織圭

選手が勝ちます。疑いもありません。

怪我のため、長期に渡って休んでいたフェデラー。ここまで勝ち上がってきてるもの

の、圭の早い展開、そしてパワーテニスを前に、フェデラーは焦りミスが続出する。

では、テニス解説者松岡修造は圭の圧勝とみているのか?

 

残念ながら違います。

圭有利とはいえ、勝つためには乗り越えなければいけない壁があります。

その壁とは・・・

 

◆フェデラー威圧壁に惑わされるな!

トップ選手はみな、相手に対し威圧をかけてくる。特にフェデラーは相手の心を圧倒

していくのがうまい。

そこで圭に対し仕掛けてくるのが・・・

セカンドサーブリターン、忍者の動きに気を付けろ!

 

世界一の才能をもったフェデラー。彼の一番の武器はナチュラルさだ。
圭のセカンドサーブに対し、意図も簡単にリターンダッシュやボールの上がりっぱなを

叩いて攻めてくる。ナチュラルな動き、忍者のような素早さでネットついてくるだろう。

圭は、そこで焦ってはいけない。

フェデラーは、今、最強ではない。テニスの精度が全盛期と比べて落ちている。試合の

出足はよくても継続できない。そこを冷静に圭が気づけるかだ。怖いのは圭の心だ。

 

◆圭の脳裏に潜むフェデラー壁。コートでは尊敬するな!

圭が修造チャレンジ合宿に参加した時から憧れの選手はフェデラーであり、圭にとって

は神様のような存在だったと思う。その思いが圭の心にある。
フェデラーは凄い、自分より優れている。その思いが余儀ったら、この試合、最後はフェ

デラーが歓喜のガッツポーズをつくることになる。

コートの外では王者を尊敬しよう、でもコートでは敵だ。

コーチのマイケル・チャンが、以前、圭の指導をする前に対談で圭に対し「フェデラーを

コートの中で尊敬しすぎていた。自分の方が強いんだ!と心から思え!もっと気持ちを

強く持ち自信をもて!」と熱弁していたことを思い出す。

 

◆観客壁。観客はフェデラーにつく

テニス選手でもっとも人気のあるプレイヤーはロジャー・フェデラーだ。
そして、35才にして復活し、テニスを愛する彼のプレイを少しでも長く観たいと思うのも

テニスファンであれば当然だ。その周りの応援をフェデラーは活用する、力にする。

だから圭、孤独に耐えろ!

マイケルがいる、チームKEIがいる、そして僕ら日本の応援がついている!

この試合は、テニスの技術対決ではなく、メンタル対決だ。
まさに圭が昨年末僕に話してくれた、「テニスはメンタルが90%」。

圭、相手はフェデラーじゃない、自分自身だ!

グランドスラム制覇、待ち構える壁、打ち破ろう!

 

この試合、フェデラー壁を叩き続ける 修造より

1.jpgのサムネイル画像