修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

日々の思いを本気で伝える! 修造コラム

コラム

コラムのRSS Feedはこちら

【報道ステーション】スピードスケート 髙木美帆選手「3年間で入った本気スイッチ」

今回は、スピードスケートの髙木美帆選手に取材させていただきました。

美帆さんといえば、2009年のバンクーバーオリンピック代表選考会で、いきなり優勝し、

日本スピードスケート史上最年少15歳で代表入りして一躍注目を集めた選手です。

そのデビューは衝撃的でしたが、4年後はまさかのソチオリンピック代表落選。

 

なんだかジェットコースターのような感じですが、

僕は美帆さんがソチの代表になれなかったことで

大きな挫折を経験しているに違いないと思ったんです。

だって、僕が同じ状況なら、間違いなく、とてつもなく挫折してるはずだから。

ただ、美帆さんから返ってきた言葉は意外なものでした。

 

「挫折って感じたことないんですよね」

 

挫折を感じたことがない!?!?!?

どういうことでしょうか。。。

 

その理由は、周囲の期待と本人の情熱との気持ちの差にあったようです。

元々小さいときからオリンピックに絶対出るという目標や夢があったわけではないのに、

運よく中学生のときにオリンピックに出ることができたという美帆さん。

だから、ソチの代表選考会で落選したときに、

オリンピックに向けてこの4年間本当に人生懸けてきたんだろうか、

それくらい死にもの狂いで必死にがんばってきたんだろうか、

と自問自答した結果、その答えがノーだったんでしょうね。

スケートに人生を懸けるだけの、そして挫折を感じられるほどの覚悟がまだできていなかったと。

 

ただ、そんな美帆さんの意識を変えたのが、2年前に発足したナショナルチームのヨハン・デビットコーチ。

トレーニングをすべてデータ化したことで、量も質も今まで経験したことのないほどのトレーニング改革です。

そして、自信を持てなかった美帆さんに、感覚的なアドバイスではなく、

きちんとデータで示して、美帆さんができているということを認識させたデビットコーチ。

「同じ人間にできているんだから、美帆さんにもできる」ということを気づかせてくれました。

 

自分にもできるという自信につながったとき、美帆さんに“オリンピックスイッチ”が入りました!

人生で初めて“本気スイッチ”を入れて臨むオリンピックでは、

美帆さんのガッツポーズがきっと見れるはずです!!

 

IMG_3912.JPG