修造チャレンジ | 松岡修造オフィシャルサイト

テニスの未来を本気で育てる! 修造チャレンジ

チャレンジ

修造チャレンジのRSS Feedはこちら

2014年6月キャンプレポート

2014年6月キャンプレポート

2014年6月10日(火)~13日(金)の4日間、山梨のクラブヴェルデで12歳以下のキャンプを行い、全国から18名の選手が参加しました。
  今回の合宿のテーマは「姿勢」。どんな時も、姿勢よく振る舞うことができれば、正しい言葉を発することが出来、正しい考え方をすることができます。この年代はまだ発育前の段階、まだGolden Ageです。目先の勝利だけを追い求めず、焦らず、心・技・体を発育させることが大切です。キャンプの中ではオンコートの練習に加え、夜は会議室でのミーティングの中で、このことを選手たちに伝えて行きました。

キャンプ初日は全員のプレーをチェックするために、コート別に種目を変えてテスト形式の練習を実施。2日目からは将来世界で戦うためにこの年代に必要となる、基本的な技術を、様々なドリルを通して学ぶと共に、ゲーム形式の練習の中では、常に状況を考え、ポジションやショットの選択を正しく出来るよう、徹底して選手たちに指導しました。
  梅雨ということもあって雨でインドア3面しか使えない時間もありましたが、グループに分かれてオンコート練習、室内でのレクチャーを行い、効率よくプログラムを実施することができました。

夜のミーティングでは、16歳以下日本代表の岩本コーチ、14歳以下日本代表の櫻井コーチが選手たちとの海外遠征で見たこと、感じたことを映像を交えながら選手たちに伝え、選手たちは大いに刺激を受けていたようです。また、ケガをしないための体作りがいかに大切か、そして、どんな場面でも自分の考えを相手に伝える自己表現力が世界で戦うために必要であることなど、各分野専門のスタッフ指導の下で、多くのことを学ぶ機会を設けました。ここで学んだことは、今すぐには心に響かないかもしれませんが、世界のトップを目指す過程で、必ず役に立つときが来ると信じています。
  身近な先輩に錦織圭という大きな存在がいる今、このキャンプに参加した選手たちが、「自分もできる」と信じて大きな夢を持って日々の練習に励み、より逞しく成長してくれることを心から願っています。

これからも微力ながらジュニア選手たちのためにスタッフと共に合宿を行ってまいりますので、今後とも皆様のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

松岡 修造

概要

主催 修造チャレンジ
共催 公益財団法人日本テニス協会
協賛 ミズノ株式会社/株式会社エアウィーヴ
後援 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
開催日時

2014年6月10日(火)~13日(金)

開催場所

クラブヴェルデ
山梨県北杜市須玉町若神子2852-7

内容

松岡修造と修造チャレンジスタッフによる合宿練習会を実施

対象

松岡修造とJTAナショナルチームに選抜された、14歳以下の
男子ジュニア選手16名

参加スタッフ

松岡修造(ディレクター)、櫻井準人(コーチ)、岩本功(コーチ)
佐藤雅幸(メンタル)、佐藤雅弘(フィジカル)、山下且義(ボディケア)
田中伸明(メンタル)、森田武比古(サポートコーチ)

キャンプ参加選手

6月10日(火)~13日(金)

藤川 侑志郎/七尾 岳俊/南 成星/間仲 啓/飯泉 涼/木原 啓汰
鈴木 久統/木村 優希/柴崎 充志/松尾 滉哉/三井 駿介/高木 凌
豊島 彰人/木本 達也/磯村 志/中村 元/稲田 幸一郎/金田 諒太