修造チャレンジ | 松岡修造オフィシャルサイト

テニスの未来を本気で育てる! 修造チャレンジ

チャレンジ

修造チャレンジのRSS Feedはこちら

2017年3月キャンプレポート

2017年3月キャンプレポート

  2017年3月7日(火)~10日(金)の4日間、今年最初の修造チャレンジジュニアキャンプを味の素ナショナルトレーニングセンターで実施、11歳から14歳の 15名の男子ジュニア選手が参加しました。

  おかげさまでこの修造チャレンジジュニアキャンプも今年で18年目を迎えました。例年は僕の恩師であるボブ・ブレットが年に1回、9月に来日して指導にあたってくれていたのですが、今年から年代別のすべてのキャンプに来てくれることになりました。世界のトップ選手からコーチングのオファーがあり、忙しいボブが、こうして日本のジュニアのために力を貸してくれる。世界中のどこを探してもボブほど見る目があって、指導力も兼ね備えている人はいないと僕は思っています。

  コート上では基本的な地道な練習を繰り返し行いました。「今回の合宿に参加した11歳から14歳の選手たちにとって、それはとても大事なこと。どんなに時間がかかっても、間違っていることはそのつど直さなければいけない。14歳を過ぎてアスリート(大人)の体へと変わっていくときに、間違ったフォームのままでは世界への道は閉ざされてしまい、質の高いボールを打つことが出来なければ、勝つための戦術など新しいことを積み重ねたい時期になっても、やりたいことができないということになってしまう」とボブは言います。将来世界のトップ選手となるためには、この年代から高い意識を持って日々の練習に取り組む必要があることを、選手たちはあらためて感じてくれたことと思います。

  また、コート外では体操の日本代表コーチによるプログラムや水泳の強化スタッフの方の講義、食事の摂り方、英語に親しむプログラムなど、今回も日本のトップアスリートが集まるNTCならではのプログラムを皆さんのご協力で実施することが出来ました。
  錦織選手に続き、西岡選手も世界のトップ50目前と活躍を続ける今、ジュニア選手たちには彼らに将来の自分の姿を重ねながら、今やるべきことを日々地道に積み重ね、大きな夢を達成して欲しいと願っています。

  ジュニアたちのテニスに刺激を与え続けられるよう、僕もジュニアたちに負けないようにしっかりとサポートしていこうと思います。

松岡 修造

概要

主催 公益財団法人日本テニス協会
協賛 ミズノ株式会社/株式会社エアウィーヴ ホールディングス
後援 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
開催日時

2017年3月7日(火)~10日(金)

開催場所

味の素ナショナルトレーニングセンター

内容

ボブ・ブレットコーチを招き、松岡修造と修造チャレンジスタッフによる合宿練習会を実施

対象

松岡修造とJTAナショナルチームに選抜された、14歳以下の男子ジュニア選手計16名

参加スタッフ

松岡修造(ディレクター)、ボブ・ブレット(ゲストコーチ)、櫻井準人(コーチ)、佐藤雅幸(メンタル)、佐藤雅弘(フィジカル)、山下且義(ボディケア)、田中伸明(メンタル)、森田武比古(コーチ)、石井幹人(アシスタントコーチ)、井上正之(アシスタントトレーナー)

キャンプ参加選手

3月7日(火)~10日(金)

末岡 大和/有本 響/井上 玄意/山田 倫太朗/磯村 志/※菅谷 優作/細川 暖生/水口 翔瑛/川口 敦史/三好 健太/中村 健太/森田 皐介/松村 康太郎/平川 朝陽/中島 暁/前田 優
※菅谷優作はけがで不参加