プロフィール | 松岡修造オフィシャルサイト

プロフィール

  • 松岡修造
  • 松岡修造
  • 松岡修造

10才で本格的にテニスを始め、高校2年のときにテニスの名門である福岡県の柳川高校に編入。同年高校総体単・複・団体で三冠を達成。その後、世界的に有名なボブ・ブレット氏と運命的な出会いがあり柳川高校を中退、単身フロリダ州タンパにあるハリーホップマン・テニス・キャンプに参加。86年、地元にあるパーマーアカデミーを卒業後プロに転向。

88年4月、ジャパンオープン準々決勝でジョン・マッケンローとの対戦に敗れたものの、世界に通用する日本人プレーヤーの出現を印象づけた。同年初めて世界ランキングトップ100の壁を破り、世界のトッププロの仲間入りを果たす。

89年にヒザを痛め2度にわたり手術、厳しいリハビリの末にツアーに復帰を果たすが、90年のセイコースーパーテニスでは足首の靭帯を損傷。しかし再びカムバックを果たした91年には、その前年に全米オープンで初のグランドスラムタイトルを獲得したサンプラスを破り、92年4月、KALカップで日本人男子選手として初めてATPツアー優勝。同年6月にはステラアルトア・グラスコート選手権で準優勝。世界ランクも自己最高の46位にまで上げた。しかし、同年末にウィルス性の病気にかかり、3ヶ月の療養をよぎなくされる。93年3月に復帰後、5大会でベスト8入りを果たしたが、世界ランキングは100位以下に終わる。94年も100位の壁を突破できず苦しい戦いは続いた。

翌95年のウィンブルドンでは準々決勝でサンプラスとの対戦に敗れはしたものの、日本人男子として62年ぶりにベスト8進出の快挙を成し遂げた。96年のウィンブルドンでは2回戦のミヒャエル・シュティッヒ戦で長年の夢であったセンターコートでの試合がついに実現した。

98年4月のジャパンオープンを最後にプロツアーを卒業。同時にジュニアの育成とテニス界の発展の為にテニス活性化プロジェクト「修造チャレンジ」を設立。

98・99年には、世界を目指す日本人若手選手に日本にいながらATPポイント獲得のチャンスを与えるべく、自ら「修造フューチャーズ」を開催。さらに「修造テニスフェスタ」も同時開催し、自ら大会実行委員長となりテニスクリニックやエキシビジョンマッチを行うなど、さまざまなイベントに参加し大盛況をおさめた。

その他に自身が直接指導し、小さな子供でも楽しめるショートテニスを使ったクリニックや、初心者から上級者までそれぞれのレベルに合わせたクリニックを全国で展開中。

98年より、日本全国から選抜した18歳以下の男子ジュニア選手を対象とした「トップジュニアキャンプ」を行っている。ジュニアキャンプでは世界を目指す選手として正しい知識とより高いレベル意識を持たせるため、技術面・フィジカル面・メンタル面において各分野の第一線で活躍するスタッフを迎え、総合的なレベルアップを図っている。

また、松岡自身の恩師でもあり、ベッカー、イワニセビッチ、キーファーなどトッププレーヤーを数多く育ててきた世界的に有名なコーチ、ボブ・ブレット氏を迎えての強化合宿を年1回実施。修造チャレンジキャンプに参加したジュニア選手たちは、徐々に海外ジュニア大会でその成果を上げ始めている。あの錦織圭は修造チャレンジジュニアキャンプから巣立っていった選手でもある。

その他、日本テレビ『Sports Max』の月曜日の顔としてキャスターを5年間つとめ、長野オリンピック、シドニーオリンピック現地レポーターや、2002年ソルトレイクオリンピックのメインキャスターとして活躍。

2004年4月から、テレビ朝日『報道ステーション』で月曜のスポーツの顔として生出演。テレビ朝日では2001年『福岡世界水泳』に進行役として抜擢されて以降、番組MCとして世界水泳の顔として定着。また、同局の『フィギュアスケートグランプリシリーズ』、『全英オープンゴルフ』の番組MCとしても抜擢、ワールドワイドのスポーツ特番に出演している。

さらに、テレビ朝日では『アテネオリンピック2004』、『トリノオリンピック2006』、『北京オリンピック2008』、『バンクーバーオリンピック2010』のメインキャスターを務めるとともに、北京オリンピックでは、JOC公認の日本選手応援団長にも任命。2012年に開催された『ロンドンオリンピック2012』でもテレビ朝日メインキャスターを務め、JOCによる日本代表選手団応援プロジェクト「1億2500万人の大応援団」 の応援団長にも任命された。11代目くいしん坊として出演している『くいしん坊!万才』は16年目を迎え、幅広い分野で活躍中。

【その他】

  • ・ 公益財団法人日本テニス協会 理事/強化本部副本部長/スポーツ環境委員
  • ・ 公益社団法人日本テニス事業協会 理事
  • ・ 公益財団法人日本オリンピック委員会 スポーツ環境専門委員
  • ・ 特定非営利活動法人日本オリンピアンズ協会 理事/広報委員
  • ・ 公益財団法人ミズノスポーツ振興財団 評議員
  • ・ 特定非営利法人グローバル・スポーツ・アライアンス 理事